《サージ・ボルテックス・ドラグーン》遊戯王ラッシュデュエル考察 下級メインの雷族でもお世話になるフュージョンモンスター

今回紹介するのはデッキ改造パック 運命のギャラクシー!!よりこのカードです。

 

 

カード説明

サージ・ボルテックス・ドラグーン
フュージョン・効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻2500/守 0
「サージ・ボルト・リザード」+「サージ・ボルト・リザード」
【条件】相手フィールドに表側表示モンスターがいる場合に発動できる。
【効果】自分の墓地の「放電」1枚を選んで手札に加える。

wiki

 

光属性雷族のレベル8フュージョンモンスターです。

フュージョン素材から見てサージ・ボルト・リザードの進化形と思われます。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

全体的にアーマーが増設されており体つきもよりマッシヴなものになっています。

翼も装着されておりまさにトカゲからドラゴンになったような進化ですね。

 

スポンサーリンク

 

墓地から放電を回収

「サージ・ボルト・リザード」+「サージ・ボルト・リザード」

フュージョン素材にはサージ・ボルト・リザード2体を要求しています。

1500打点の下級モンスターラインの通常モンスター2体であり

フュージョン素材としては自然にデッキに組み込みやすい部類でしょう。

 

 

【条件】相手フィールドに表側表示モンスターがいる場合に発動できる。
【効果】自分の墓地の「放電」1枚を選んで手札に加える。

その効果は1ターンに1度、相手の場に表側モンスターがいる場合に

墓地の放電を手札に回収できるというものです。

放電自体が雷族にとってコンバットトリックとして優秀な罠カードであり

相手に表側モンスターがいればいいという緩い条件で使いまわせるメリットは大きいです。

このカードの攻撃力は2500あり

放電をセットしておけば3300打点までは対応可能となります。

放電のコストとなる雷族2体もこのカードをフュージョン召喚していれば

フュージョン素材が墓地にあるはずなのでそれを活用する事が可能です。

 

ただし放電を回収する事を相手に知らせる事になるので

コンバットトリックとして不意を突くことは難しくなります。

基本的には牽制の意味合いが強くなるでしょう。

それでも優秀な雷族サポートを回収できるのはありがたく

下級モンスター2体で2500打点を用意できるというのも大きいです。

 

 

雷族にとって下級モンスターだけでフュージョン召喚が狙えるのは

嵐を呼ぶサンダービートを主軸にするような

下級モンスター主体のデッキにおいてもありがたいですね。

下級メインでもいざという時のエースモンスターとして活用できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました