PR
スポンサーリンク

《プロモーション》遊戯王OCGカード考察 地属性戦士族専用のとっても強くなったトランスターン!

スポンサーリンク

今回紹介するのは12月18日~19日の間に開催されるジャンプフェスタ2022にて

配布されるPREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)よりこのカードです。

 

 

カード説明

プロモーション
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのレベル3以下の戦士族・地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキからレベル4以上の戦士族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
その後、元々の種族・属性が戦士族・地属性となる「パペット」モンスターが自分フィールドに存在する場合、
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手の墓地のカードの数×100アップする。

wiki

 

地属性戦士族用のサポートとなる通常魔法です。

遊戯王Rにおいて北森玲子が城之内克也戦で使用し

その効果でパペット・ポーンをパペット・クイーンに変化させました。

漫画では変化させるモンスターはパペットモンスターに限定されていましたが

OCG化にともないより自由度の高い効果となっています。

 

プロモーションとは「昇格」を意味するチェス用語で

ポーンを相手の陣地の一番奥まで移動させると

ナイト・ルーク・ビショップ・クィーンのいずれかへ変化させる事が可能です。

将棋でいう「成る」に近いルールですがこちらはポーン限定で一番奥までいく必要がある代わりに

最強の駒であるクィーンに変化できるとリターンが大きいものになっています。

 

イラストでは白のポーンが相手陣地の一番奥までコマを進めており

まさにプロモーションの条件を満たした状態となっています。

 

スポンサーリンク

 

レベル3以下の地属性戦士族をレベル4以上の地属性戦士族へ

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのレベル3以下の戦士族・地属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送り、デッキからレベル4以上の戦士族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、レベル3以下の地属性戦士族1体を墓地へ送る事で

デッキからレベル4以上の地属性戦士族を特殊召喚出来るというものです。

地属性戦士族専用のトランスターンとも言うべき効果であり

種族も属性も限定される代わりに特殊召喚できるレベルに制限がありません。

例えば切れぎみ隊長あたりを出して蘇生効果を使った後に墓地へ送り

ウォークライ・メテオラゴンなどの最上級モンスターへ繋げる事も可能です。

 

その後、元々の種族・属性が戦士族・地属性となる「パペット」モンスターが自分フィールドに存在する場合、
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手の墓地のカードの数×100アップする。

また効果発動した後に地属性戦士族のパペットが自分の場にいれば

この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力守備力を

相手の墓地のカード×100アップさせる事が可能です。

効果でパペットモンスターがいればそのままこの効果の適用条件を満たせますし

他のパペットモンスターを別途用意できていれば他のモンスターも強化可能です。

強化数値は相手の墓地の数に依存する事になりますが永続的な強化であり

最上級モンスターであれば3000以上の攻撃力確保は難しくないでしょう。

 

 

パペット・ポーンは直接攻撃をトリガーにこのプロモーションをサーチできる能力を持っており

実質的にパペット・ポーンは攻撃が通れば

他の地属性戦士族に変化できるカードとなっています。

パペット・ポーンそのものを変化させてもいいですし

あえてパペット・ポーンを残した状態でプロモーションが発動できれば

どの地属性戦士族を強化したとしても後半の強化効果を適用できます。

 

 

パペット・ポーンからのサーチ及び発動は

「攻撃を通す必要がある=プロモーションの発動がメインフェイズ2になる」

という問題点もあるのでこれを不便だと考えるのであれば

単体でこのプロモーションを地属性戦士族に採用する手もあります。

【剛鬼】であれば墓地へ送る行為そのものがディスアドバンテージになり辛く

特に活かしやすいでしょう。

 

 

【ウォークライ】や【ウルトラアスリート】でも有用ですが

これらのテーマにはレベル3以下のモンスターはいないので

別途レベル3以下の地属性戦士族を用意する必要があります。

容易に特殊召喚できるチューナーであるTGストライカーなどが

使いやすいと思います。

 

コメント