PR
スポンサーリンク

《ナンバーズ・エヴァイユ》遊戯王OCGカード考察 数字計算が面倒?実は便利なツールがあります!

スポンサーリンク

今回紹介するのは12月18日~19日の間に開催されるジャンプフェスタ2022にて

配布されるPREMIUM PACK 2022(プレミアムパック2022)よりこのカードです。

 

 

カード説明

ナンバーズ・エヴァイユ
通常魔法
①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
EXデッキから「No.」Xモンスター4体を選ぶ(同じランクは1体まで)。
「No.」の数値がその4体の合計と同じとなる、
「No.」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、
選んだモンスターを全てそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
自分は「No.」Xモンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

ナンバーズ用のサポートとなる通常魔法です。

漫画版遊戯王ZEXALにおいてアストラルが九十九遊馬戦で使用し

その効果でNo.10 白輝士イルミネーターNo.14 強欲のサラメーヤ

No.21 氷結のレディ・ジャスティスNo.48 シャドー・リッチを素材に

「10+14+21+48=93」という事でNo.93 希望皇ホープ・カイザーを出しました。

 

エクシーズのカードの周囲を多数のエクシーズカードが円を描くように囲んでいます。

複数のエクシーズを繋ぎ合わせて1つのエクシーズを呼び出すというのを意識しているのでしょう。

 

エヴァイユとはフランス語で「覚醒」を意味します。

複数のナンバーズによって新たなナンバーズを目覚めさせてるといった感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ナンバーズ4体を素材にしてその合計数字のナンバーズを出す

①:EXデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドにのみ存在する場合に発動できる。
EXデッキから「No.」Xモンスター4体を選ぶ(同じランクは1体まで)。
「No.」の数値がその4体の合計と同じとなる、
「No.」Xモンスター1体をX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、
選んだモンスターを全てそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
その効果は相手の場にのみエクストラデッキから特殊召喚されたモンスターがいる場合に
エクストラデッキからそれぞれ別のランクのナンバーズ4体を選び
その4体のナンバーズの数字合計と同じ数字のナンバーズを
エクシーズ召喚扱いで特殊召喚しつつ選んだナンバーズを全て
そのモンスターに重ねるというものです。
例えばNo.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム、
CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ、
No.3 地獄蝉王ローカスト・キング、
No.94 極氷姫クリスタル・ゼロの4体を選ぶ事で合計ナンバー数値は99となり
No.99 希望皇ホープドラグナーの特殊召喚が可能となります。
ナンバーズ数値の合計の計算が面倒だと思う人がいると思いますが
ランク1のNo.1 ゲート・オブ・ヌメロン-エーカム、
ランク2のCNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン-シニューニャ、
ランク3のNo.3 地獄蝉王ローカスト・キングあたりを使うと素材計算が楽で
あとは出したいナンバーズから5を引いたナンバーズを選択する事で
狙ったナンバーズを出していきやすいです。
またこの計算を自動でしてくれるツールを作っている人がいましたので紹介しておきます。
こちらを使えば出したいナンバーズに応じてどれを選べばいいかが簡単に把握できます。

このツール、出したいナンバーズを入力すれば素材の4体を自動で算出してくれますし
特定のナンバーズを素材にしたい場合はそれを指定する事もできると
大変便利な代物となっています。
この効果で特殊召喚したモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、
自分は「No.」Xモンスターしか特殊召喚できない。

デメリットとして特殊召喚したモンスターが自分の場に表側でいる間は

ナンバーズしか特殊召喚ができなくなります。

エクシーズ以外のモンスターが特殊召喚出来なくなることは勿論の事、

この制約によりカオスオーバーハンドレッドナンバーズを出した場合でも

CX 冀望皇バリアンに繋げられない点には注意です。

このカードでオーバーハンドレッドナンバーズを出してランクアップマジックを使用、

その後で冀望皇バリアンに重ねるという動きなら可能です。

 

 

カード1枚で一気に4体ものオーバーレイユニットを持つナンバーズを出せる

強力な効果ですがそれ故に制約やデメリットも多く存在しています。

まず前述した通りこのカードが場にある限りナンバーズしか特殊召喚できなくなるので

展開にかなりの制限が課せられます。

 

また相手の場にEXデッキのカードがないと発動ができないので

先行1ターン目には使えないのは勿論の事、

相手が儀式召喚やアドバンス召喚が主軸の場合にも腐ってしまう危険性があります。

 

オーバーレイユニットと特殊召喚するナンバーズ本体で

合計5体ものエクシーズをEXデッキから消費する点も中々辛い所です。

特にNo.93 希望皇ホープ・カイザーは一気に4体のナンバーズを展開できる反面、

合わせて9枚ものエクシーズを消費してしまいます。

このカード様にエクストラデッキの専用構築が求められるようになりますし

複数回発動するつもりなら貪欲の壺などの再利用手段は半ば必須となるでしょう。

 

 

さあ何を出そう

それらのデメリットを踏まえつつ

あとは実際にこのカードで出す価値のあるナンバーズは何かという話にもなります。

やはり素材が多い事が強さに直結するナンバーズを出したい所ですね。

原作でも出したNo.93 希望皇ホープ・カイザーは一気に4体ものナンバーズを展開でき

エクストラデッキの消費の問題さえなんとかする事が出来れば相性のいいカードの1つです。

ホープ・カイザー本体をどかす事が出来れば特殊召喚に関する制約もなくなるので

出した4体のナンバーズを各種素材に利用する事も可能です。

 

No.99 希望皇ホープドラグナーも相性がよく

オーバーレイユニット2枚を消費する特殊召喚効果をお互いのターンで発動可能となります。

 

No.67 パラダイスマッシャーも確実に効果を発揮できるわけでもないものの

素材が3枚以上があれば高確率で1ターンの間、相手の特殊召喚を一切封じることができるので

このカードで出す価値は十分に高いです。

 

別途ランクアップマジックを確保できているのであれば

No.101 S・H・Ark Knightなどの各種オーバーハンドレッドナンバーズも候補に挙がります。

そもままカオスオーバーハンドレッドにランクアップする事で特殊召喚の制約がなくなり

CX 冀望皇バリアンに繋げる事も可能です。

この際に素材にNo.86 H-C ロンゴミアントを出して墓地に送っておく事でそれをコピー、

いわゆる最強状態のロンゴミバリアンになる事も可能です。

 

 

まさにハイリスクハイリターンな豪快なカードですね。

効果自体は文句無しに強力なので是非とも使いこなしたい所です。

所で未来皇ホープは素材にできるんでしょうか?

デス・キマイラ・ドラゴン出す事が出来れば大分美味しいんですが。

コメント