PR
スポンサーリンク

《ウォークライ・オーディール》:遊戯王OCGカード考察 殴って殴って殴って3枚ドロー!

スポンサーリンク

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2021よりこのカードです。

 

 

カード説明

ウォークライ・オーディール/War Rock Ordeal
永続魔法
①:「ウォークライ・オーディール」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを3つ置く。
③:自分の「ウォークライ」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードのカウンターを1つ取り除き、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果でこのカードのカウンターが全て取り除かれた場合、このカードは墓地へ送られる。

wiki

 

【ウォークライ】用の永続魔法です。

 

ドラゴンとも悪魔ともとれる魔物と対峙し満身創痍のオーピス、ガトス、スキーラ。

炎のブレスが放たれようとしている絶体絶命の状態の時に

ウォークライ・フォティアが赤いオーラを纏いながら突撃しています。

フォティアの主人公感が漂ってくる実にヒロイックなイラストですね。

 

「オーディール」とは「試練」や「苦難」を意味する言葉です。

まさにカード名通りの苦難に立ち向かうイラストだと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

戦闘破壊するたびに1枚ドロー

①:「ウォークライ・オーディール」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

①の効果は自分の場に1枚しか表側表示で存在出来ない制約です。

複数同時に発動して一気に大量ドローというのはさすがに許されませんでした。

 

②:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを3つ置く。
③:自分の「ウォークライ」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードのカウンターを1つ取り除き、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果でこのカードのカウンターが全て取り除かれた場合、このカードは墓地へ送られる。

②と③の効果はまずカード発動時にカウンターを3つ置き、

自分の場のウォークライが相手モンスターを戦闘破壊して墓地へ送った時に

カウンターを1つ取り除くことで1枚ドローできるというものです。

カウンターを3つ全て使い切ったら墓地へ送られるので最大で3枚ドローできる形となります。

 

戦闘してなんぼなウォークライを具現化したようなカードであり

相手モンスターを戦闘破壊する度にドローを行う事が可能です。

何気にこの効果、1ターンに1度の制約がないので

1ターンに3回戦闘破壊を行う事が出来れば一気に3枚ドローする事も可能です。

ウォークライには2回攻撃が可能なウォークライ・メテオラゴンもいるので十分に狙えるでしょう。

このカードを残しておくと相手も優先して除去を狙ってくると思うので

少なくとも2枚ドローは狙いたい所です。

2枚ドローして1回除去を使わせたとなれば十分すぎるほど仕事はしているでしょう。

 

注意点として戦闘破壊したモンスターを墓地へ送らないといけません。

トークンを送りつけてそれを戦闘破壊しても効果が発動できないので気を付けましょう。

 

 

【ウォークライ】におけるアドバンテージを支えるカードの1つであり

いかにこのカードを発動して戦闘破壊からのドローを狙っていくかがカギとなるでしょう。

コメント