PR
スポンサーリンク

《ベアルクティ・ラディエーション》:遊戯王OCGカード考察 1ターンに7枚もドローしていいってさ!

スポンサーリンク

今回紹介するのはBATTLE OF CHAOS(バトル・オブ・カオス)よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

ベアルクティ・ラディエーション
永続魔法
このカードを発動する場合、このカードにカウンターを7つ置いて発動する。
①:「ベアルクティ・ラディエーション」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
②:手札・EXデッキから「ベアルクティ」モンスターが特殊召喚される度に、
このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
③:自分・相手のエンドフェイズに、
「ベアルクティ・ラディエーション」以外の自分の墓地の「ベアルクティ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

wiki

 

【ベアルクティ】用の永続魔法です。

 

天極輝艦-熊斗竜巧から多数の光が曲線を描くように発射されています。

曲がるレーザーかミサイルあたりを一斉射撃しているのかもしれませんね。

 

「ラディエーション」とは発光や輻射、放射などを意味する言葉です。

この場合「砲射」ともかかっているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

手札やEXデッキから特殊召喚される度に1枚ドロー

①:「ベアルクティ・ラディエーション」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。

①の効果は自分の場に1枚しか出せておけない制約です。

効果を考えればまあ当然といえば当然の制約と言えるでしょう。

 

このカードを発動する場合、このカードにカウンターを7つ置いて発動する。
②:手札・EXデッキから「ベアルクティ」モンスターが特殊召喚される度に、
このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

②の効果はまずカード発動時にカウンターを7つ置き、

手札かEXデッキからベアルクティが特殊召喚される度に

カウンターを1つ取り除いて1枚ドローできるというものです。

ちょっとすごい事が書いてありますね

7つカウンターが置かれるので最大で7枚ドローが出来る上に

1ターンにドローできる回数がないので手札やEXデッキから特殊召喚する度にドローする事が可能です。

 

 

③:自分・相手のエンドフェイズに、
「ベアルクティ・ラディエーション」以外の自分の墓地の「ベアルクティ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。

③の効果はお互いのエンドフェイズに

同名カード以外のベアルクティをデッキに戻すというものです。

特にベアルクティシンクロをEXデッキに戻して補充したい場合に重宝するでしょう。

魔法罠も墓地に戻せるので

ベアルクティ-セプテン=トリオンでサーチしたい魔法罠がもうデッキにないという場合には

それらを元に戻す事もできます。

 

 

いやもう露骨なまでの強カードですね

手札消費が激しいというのがベアルクティの抱える問題でしたが

それを豪快にフォローしてくれるカードが登場してくれました。

単純にベアルクティ2体を手札から展開してベアルクティ-ポラリィに繋げるだけでも3枚ドロー、

そこからさらにベアルクティを手札から出してレベル7のベアルクティシンクロに繋げれば5枚ドローと

基本的な動きをするだけでも大量のドローが可能です。

1ターンで7枚ドローしきるのも不可能がなく

およそドローエンジンと呼べるカードでは最強クラスの性能を持っています。

【ベアルクティ】においては「採用しない理由を考えるべきカード」であり

何も思いつかないのであれば3枚積みしていいカードだと思います。

コメント