遊戯王OCGカード考察:《華信龍(かしんりゅう)-ノウルーズ・エリーズ》ちゃんと謳い文句通りにシナジーあります

3月19日にVジャンプ5月号が発売されます。

普段よりちょっと発売が早いのでお気をつけください。

今回紹介するのはそのVジャンプ5月号の付属として収録されるこのカードです。

カード説明

華信龍-ノウルーズ・エリーズ
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2000/守2500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
手札からレベル5以上のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

wiki

 

風属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

頭に桜の木を生やした色鮮やかな東洋龍です。

金色の羽衣を身に着けておりどことなく天女を思わせます。

 

ノウルーズはイラン暦における元旦であり

日本においては丁度春分の日がそれに該当します。

エリーズとは牡羊座の事で暦では春分の日の翌日となる3月21日からが該当します。

どちらも春がやってきた事を現すネーミングとして名付けられているのでしょう。

このモンスターもどことなく羊っぽい要素がありますね。

 

なおいつもならVジャンプの発売日が毎月21日なので時期的にピッタシなのですが

こういう時に限って19日発売です

まあでも発売した翌日が春分なのでこれはこれで美味しいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

レベル5以上をコストに自己蘇生

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
手札からレベル5以上のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、手札からレベル5以上のモンスターを墓地へ送る事で

自身を墓地から特殊召喚する自己蘇生効果です。

ある程度高レベルのモンスターを積極的に採用しているデッキであれば

手札コストを確保するのは難しくないでしょう。

このカードを墓地へ送る手段としてはドラゴン族なので竜の霊廟などが活用できます。

 

この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

デメリットとしてこの効果で蘇生すると

フィールドから離れた場合に除外されてしまいます。

繰り返し蘇生に繋げるのであればエクシーズ素材に活用するのがいいでしょう。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

②の効果は1ターンに1度、戦闘破壊されるか相手によって効果破壊された場合に

相手のカード1枚を除外するというものです。

守備力は2500とそこそこ高く、仮に戦闘破壊されても相手を道連れにでき

除去するにしてもバウンスや除外などでなければやっぱり道連れにできると

壁としては中々にいやらしいです。

①の効果から蘇生すると除外されてしまうので

壁として運用するのであれば各種蘇生カードから場に出してやるのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

パイル・アームド・ドラゴンや魔道騎竜カース・オブ・ドラゴンとの相性

このカードはザ・ヴァリアブルブックEXの付属カードであり

魔道騎竜カース・オブ・ドラゴン及びパイル・アームド・ドラゴン

シナジーするように作られていると宣伝されています。

 

実際にパイル・アームド・ドラゴンの効果でこのカードを手札コストとして墓地に送る事ができ

一緒に並べればランク7のエクシーズへ繋げられるのでいい感じにシナジーしています。

各種アームド・ドラゴン・サンダーの手札コストになった際の効果を発動しつつ蘇生できるので

【アームド・ドラゴン】とは相性のいいカードだと言えるでしょう。

 

魔道騎竜カース・オブ・ドラゴンにしてもあちらの融合素材になれる他、

このカードの蘇生の為に墓地へ送ったカードをあちらの効果で墓地コストにできる為

シナジーが形成されていると言えるでしょう。

【暗黒騎士ガイア】との相性で言えばこのカードの蘇生の為に墓地へ送ったレベル5のドラゴン族を

魔道騎士ガイアの効果で蘇生に繋げられますし

やはりレベル7のモンスターを活用するのでランク7のエクシーズ素材に繋げやすいです。

 

これらのデッキを扱うのであれば3枚揃える価値は充分あるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました