遊戯王OCGカード考察:《ドレミコード・ムジカ》除去を撃たれても無駄になりにくいシンプルに使いやすいフリーチェーン除去

今回紹介するのはデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズよりこのカードです。

カード説明

ドレミコード・ムジカ
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ドレミコード」PモンスターカードのPスケールによって
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●奇数:自分のEXデッキからPスケールが奇数の表側表示の
「ドレミコード」Pモンスター1体を特殊召喚する。
●偶数:自分のEXデッキからPスケールが偶数の表側表示の
「ドレミコード」Pモンスター1体を特殊召喚する。
●奇数と偶数:相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

wiki

 

【ドレミコード】用の通常罠です。

 

ドドレミコード・クーリアがタクトを振るい、妖精と共に音楽を奏でています。

他のカードではキューティアが手を焼いていたり3人で演奏していたのに対して

単体で音楽を奏でている描写があるあたりやはりクーリアは別格って感じがありますね。

 

スポンサーリンク

Pゾーンのスケールに合わせた3つの効果

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「ドレミコード」PモンスターカードのPスケールによって
以下の効果から1つを選択して発動できる。

その効果は1ターンに1度、自分のPゾーンにセットされている

ドレミコードペンデュラムのスケールに応じて

発動条件の異なる3つの効果から1つを発動するというものです。

 

●奇数:自分のEXデッキからPスケールが奇数の表側表示の
「ドレミコード」Pモンスター1体を特殊召喚する。

奇数のスケールを持つドレミコードペンデュラムがセットされている場合、

EXデッキから奇数のスケールを持つドレミコードを特殊召喚可能です。

あらかじめEXデッキにドレミコードペンデュラムを用意しておく必要がありますが

ファドレミコード・ファンシアなどでEXデッキに送る事が可能です。

特にレベル8でペンデュラム召喚をするのがやや手間な

ドドレミコード・クーリアを出すのに重宝するでしょう。

 

●偶数:自分のEXデッキからPスケールが偶数の表側表示の
「ドレミコード」Pモンスター1体を特殊召喚する。

偶数のスケールを持つドレミコードペンデュラムがセットされている場合

EXデッキから偶数のスケールを持つドレミコードを特殊召喚可能です。

丁度1つ目の効果の奇数と偶数を入れ替えたものですね。

こちらはレベル1のドレミコード・キューティアを出すのに重宝するでしょう。

どちらの効果もEXデッキから出す関係でリンク先を確保しない限りは

EXモンスターゾーンにしか特殊召喚出来ない点には注意です。

 

●奇数と偶数:相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

奇数と偶数のスケールを持つドレミコードペンデュラムがそれぞれPゾーンにセッティングされている場合は

相手フィールドのカード1枚を破壊可能です。

シンプルながらもモンスターと魔法罠両方に対応する

フリーチェーンの除去として妨害などに活用が可能です。

 

できるだけ奇数と偶数両方揃えた状態で

3つ目の効果が発動できるのであれば自然と1つ目、2つ目の効果の発動条件も満たせているので

出来るだけ奇数と偶数のスケールを両方セットしつつ

好きな効果を選べるようにしておくのが理想的です。

単純にフリーチェーンの除去として見ても妨害として重宝しますし

除去として撃つ前にこのカード自体の除去が狙われたとしても

EXデッキからドレミコードを特殊召喚出来るので無駄になりにくいのがポイントです。

相手としては展開を妨害されたくなければチェーン発動からの特殊召喚を許してでも

このカードを除去しないといけないというかなりいやらしい性能となっています。

 

とはいえ除去として使う場合、先にPゾーンのカードを破壊されてしまうと条件を満たせなくなるので

そちらはドレミコード・フォーマルで守るなどフォローしていきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました