遊戯王OCGカード考察:《溟界の漠(めいかいのすなはら)-ゾーハ》溟界王-アロンとセットで運用しよう

今回紹介するのはデッキビルドパック エンシェント・ガーディアンズよりこのカードです。

 

カード説明

溟界の漠-ゾーハ
効果モンスター
星4/闇属性/爬虫類族/攻1500/守1700
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、
または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手はデッキから1枚ドローし、
自分はデッキから「溟界の漠-ゾーハ」以外の「溟界」モンスター1体を手札に加える。
その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで墓地へ送る。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。

wiki

 

【溟界】に属する闇属性爬虫類族のレベル4モンスターです。

 

右手に特徴的な形の剣を持った手の生えた黒いヘビのようなモンスターです。

フロギとよく似た見た目ですがリザードマン風のあちらと違い

こちらはより蛇っぽい見た目となっています。

 

モチーフはヘルモポリス神話における8柱の神オグドアドの1柱「ハウヘト」からでしょうか。

 

スポンサーリンク

お互いに手札交換

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが、フィールドから墓地へ送られた場合、
または墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手はデッキから1枚ドローし、
自分はデッキから「溟界の漠-ゾーハ」以外の「溟界」モンスター1体を手札に加える。
その後、お互いのプレイヤーは手札を1枚選んで墓地へ送る。

①の効果は1ターンに1度、

フィールドから墓地へ送られるか墓地から特殊召喚した場合に

相手に1枚ドローさせつつ自分は同名カード以外の溟界1体を手札に加えて

お互いに手札を1枚墓地へ送るというものです。

自分だけでなく相手にも手札交換をさせてしまうので直接的なアドバンテージには繋がらず

相手にも墓地アドバンテージを与えてしまう形になってしまいますが

溟界王-アロンが持つ相手がカードを加えた場合の効果の発動トリガーとして機能します。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。
このカードを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、手札を1枚墓地へ送る事で

自身を墓地から手札に加える自己回収効果です。

溟界の漠-フロギも持っている効果であり【溟界】は墓地で発動できるカードが多いので

それらを手札コストにできれば無駄がありません。

ただ自身も①の効果で墓地からの蘇生を狙う場合もあるので

そういう場合には墓地に置いたままにしておきましょう。

 

 

概ね溟界の漠-フロギの対を意識しているようなカードであり

あちらが溟界妃-アミュネシアとのコンボを意識しているのに対し

こちらが溟界王-アロンのコンボを意識しているようになっています。

①の効果はできるだけアロンの効果が発動できる状態で活用するのがいいでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました