遊戯王OCGカード考察:《パイル・アームド・ドラゴン》割と簡単に出せて5800打点の脳筋ドラゴン!

今回紹介するのは3月19日に発売される

ザ・ヴァリュアブル・ブックEXの付属として登場するこのカードです。

 

カード説明

パイル・アームド・ドラゴン
効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:風属性またはレベル7以上の、
このカード以外のドラゴン族モンスター1体を手札から墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:手札・デッキから「パイル・アームド・ドラゴン」以外の
「アームド・ドラゴン」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はモンスター1体でしか攻撃できず、
対象のモンスターの攻撃力は墓地へ送ったモンスターのレベル×300アップする。

wiki

 

アームド・ドラゴンの新規となる風属性ドラゴン族のレベル7モンスターです。

 

アームド・ドラゴンLV7の右腕いくつも連なったようなドリルが装着されています。

パイル(杭)と呼ぶには非常にいかつい代物ですね。

遊戯王GXにおいてアームド・ドラゴンLV7にアームド・チェンジャーが装備された際に

この姿になっておりこのカードはそれを再現したものだと思われます。

 

スポンサーリンク

最大で攻撃力3000アップ!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:風属性またはレベル7以上の、
このカード以外のドラゴン族モンスター1体を手札から墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、

風属性ドラゴン族かレベル7以上のドラゴン族を手札から墓地へ送る事で

自身を手札から特殊召喚する自己展開効果です。

レベル7以上のドラゴン族は【レッドアイズ】や【ブルーアイズ】、【ドラゴンメイド】、

風属性ドラゴン族は【アームド・ドラゴン】や【ドラグニティ】などで確保しやすいでしょう。

その他嵐征竜-テンペストをコストにする手もあります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:手札・デッキから「パイル・アームド・ドラゴン」以外の
「アームド・ドラゴン」モンスター1体を墓地へ送り、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はモンスター1体でしか攻撃できず、
対象のモンスターの攻撃力は墓地へ送ったモンスターのレベル×300アップする。

②の効果は1ターンに1度、手札かデッキから

同名カード以外のアームド・ドラゴンと名の付くモンスターを墓地へ送る事で

自分の場のモンスター1体を選択、

そのモンスターでしか攻撃できなくなる代わりに

墓地へ送ったモンスターのレベル×300アップさせるという強化効果です。

アームド・ドラゴン LV10をはじめとするレベル10のアームド・ドラゴンを墓地へ送る事で

3000もの攻撃力アップを図る事ができ、

またデッキから直接送る事が出来るので墓地肥やしにも繋がります。

自身に発動した場合でも最大で5800もの打点を得る事が可能です。

 

 

スポンサーリンク

他のカードを強化しても強い

各種アームド・ドラゴン・サンダーは手札コストにする事で効果を発動しやすく

その意味でも①の効果での特殊召喚が狙いやすいです。

【アームド・ドラゴン】以外でもドラゴン族を手札コストとして確保しやすいデッキ、

もしくは墓地に送るメリットが高いデッキなどに採用する事も考えられるでしょう。

 

②の効果は自身に使用した場合でも十分に強力ですが

他のモンスターと一緒に並べればそちらに使用する事も可能です。

例えばアームド・ドラゴン・サンダー LV10を強化すれば

攻撃力1万を達成する助けにもなりますし

連続攻撃を持つモンスターを強化すれば1ターンキルを狙う事も可能です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました