遊戯王OCGカード考察:《モンスターエクスプレス》意外と制約ありでも活用できるカードは多いです

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

 

カード説明

モンスターエクスプレス/Monster Express
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1500/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
元々の種族がその表側表示モンスターと同じモンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。
このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったモンスター及び
そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

地属性機械族のレベル4モンスターです。

モンスターのマークが刻まれたコンテナを運ぶ貨物列車です。

まあ名前から考えてもこのコンテナの中にはモンスターが積み込まれているんでしょう。

 

スポンサーリンク

選択したモンスターと同じ種族をEXデッキから墓地へ運ぶ

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
元々の種族がその表側表示モンスターと同じモンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。
このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったモンスター及び
そのモンスターと元々の種族が同じモンスターしか特殊召喚できない。

その効果は1ターンに1度、自分の表側表示モンスター1体を選択肢

そのモンスターと元々の種族が同じモンスターをEXデッキから墓地へ送るというものです。

EXデッキのモンスターを墓地へと輸送しているのでしょう。

EXデッキ用の墓地肥やし効果の1つであり

送りたい種族と同じ種族のモンスターをあらかじめ場に出しておく必要がある代わりに

特にコストの類は必要ありません。

制約としてその送ったモンスターと同じ種族のモンスターしか特殊召喚できなくなりますが

限定さつつもEXデッキからの特殊召喚は特に制限されないので

ドラグマ・パニッシュメントあたりよりはやや制約が緩いとも言えるでしょう。

 

効果と制約を考えた場合ある程度種族が統一されたデッキで活用するのが望ましいでしょう。

例えば灰燼竜バスタードを墓地へ送りたい場合にはドラゴン族メイン、

旧神ヌトスや虹光の宣告者を墓地へ送りたい場合は天使族メイン、

ウィンドペガサス@イグニスターを墓地へ送りたい場合はサイバース族メインといった塩梅です。

焔聖騎士導-ローランあたりは元々戦士族用のサポートで使うカードなので

このカード用の召喚権や場に出す手段さえ確保できるのであれば無理なく使えるでしょう。

 

またこのカード自身は機械族なので

機械族モンスターであれば自身を選択するだけでEXデッキから墓地へ送れます。

例えば揚陸群艦アンブロエールを墓地へ送れば

リンクモンスターの破壊をトリガーに相手のカードを破壊できるので

機械族メインでリンクモンスターを扱うデッキであれば活用が可能です。

【スピードロイド】であればHSRチャンバライダーも墓地へ送る候補となるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました