遊戯王OCGカード考察:《契約の遂行》レベルを調整して除去カードも兼ねる新たな儀式召喚サポート!

今回紹介するのはWORLD PREMIERE PACK 2020よりこのカードです。

カード説明

契約の遂行/Execution of the Contract
装備魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
装備モンスターのレベルはターン終了時まで、見せたモンスターのレベルと同じになる。
②:装備モンスターがリリースされた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

wiki

 

儀式モンスター用のサポートとなる装備魔法です。

4人の怪しい司祭が手を掲げて魔法陣に祈りを捧げています。

一番右側の司祭は膝をついており、祈りを捧げる代償として何か力を奪われているのかもしれません。

名前的にも契約の履行を意識したカードであり

描かれている司祭の服装や契約の内容が書かれた本など一致しており

契約の履行の続きを描いたカードだと伺えます。

 

スポンサーリンク

手札の儀式モンスターと同じレベルに

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
装備モンスターのレベルはターン終了時まで、見せたモンスターのレベルと同じになる。

①の効果は1ターンに1度、手札の儀式モンスター1体を相手に見せる事で

装備したモンスターのレベルをそのターンの間見せたモンスターのレベルと同じにするレベル調整効果です。

モンスター1体でその儀式モンスターのリリース要員を賄う事が可能であり

マンジュ・ゴッドなどで儀式モンスターをサーチすれば発動条件も満たしやすいです。

崇光なる宣告者のような高レベルの儀式モンスターも出しやすくなりますし

エンド・オブ・ザ・ワールドのようにレベルを完全に一致させる必要がある場合にも

レベルを合わせやすくなります。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:装備モンスターがリリースされた事でこのカードが墓地へ送られた場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

②の効果は1ターンに1度、装備モンスターがリリースされる事で墓地へ送られた場合に

相手モンスター1体を破壊するというものです。

丁度このカードの分の損失を補う事が可能でありちゃんと効果を発動できれば

1:1交換をしつつレベル調整が可能となります。

儀式召喚に使うのが基本となりますがアドバンス召喚でも条件を満たす事は可能です。

 

単純にレベル調整用にも

前述の通り崇光なる宣告者のような高レベルの儀式モンスターを使いたい場合に効果的であり

マンジュ・ゴッドなどからの儀式召喚が非常に狙いやすくなります。

 

他にも【メガリス】と相性がよくメガリス・オフィエルなどのレベル4の儀式モンスターから

レベル8のメガリスへとスムーズに繋げる事が可能となります。

ただしこのカードでレベルが変動するのは装備したターンのみなので

メガリス・オクで相手ターンの儀式召喚を狙う場合には注意が必要です。

とはいえその場合、②の効果がフリーチェーンの除去として機能するようになるので

相手ターンに儀式召喚を狙うのも選択肢として十分にありです。

 

発動条件からも儀式召喚のサポートとして使うのが基本ですが

儀式モンスターさえ確保できるのであれば単純にレベル調整用のサポートとしても活用できます。

崇光なる宣告者や竜儀巧儀式モンスターを参照すれば場にレベル12のモンスターを用意可能となり

もう1体レベル12モンスターを出せれば

No.77 ザ・セブン・シンズをランクアップさせずに直接出す事も狙えます。

【ドライトロン】ならば改めてレベル12の儀式モンスターを並べる事も難しくはないですし

ギャラクシー・クィーンズ・ライトなどで他のモンスターのレベルを合わせるのもいいでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    メガロスだと三積み必須だな、儀式は自身の効果で出来るし。

タイトルとURLをコピーしました