遊戯王OCGカード考察:《電脳堺悟-老々(でんのうかいご ラオラオ)》特殊召喚して吊り上げまでできるレベル6チューナー!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

電脳堺悟-老々
チューナー・効果モンスター
星6/風属性/サイキック族/攻 0/守2400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。
その後、墓地へ送ったカードとはカード名が異なる「電脳堺」モンスター1体を
自分の墓地から選んで効果を無効にして守備表示で特殊召喚できる。
このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

wiki

 

【電脳堺】に属する風属性サイキック族のレベル6モンスターです。

ガスマスクのようなものを装着した人型ロボットです。

「老々」というカード名からすると老人型のロボットなのでしょう。

左手に紫に、右手に黄緑に光るオーラを纏っており格闘家っぽいイメージがあります。

 

スポンサーリンク

自己展開しつつ墓地から電脳堺を蘇生

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、
自分フィールドの「電脳堺」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードとは種類(モンスター・魔法・罠)が異なる
「電脳堺」カード1枚をデッキから墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。

その効果は1ターンに1度、自分の場の電脳堺カード1枚を選択、

選択したカードとは別の種類の電脳堺カードをデッキから墓地へ送る事で

自身を手札から特殊召喚出来るというものです。

ここまでは多くの電脳堺モンスターが持つ共通効果であり

この時点で展開と墓地肥やしを兼ねる便利な効果となっています。

 

その後、墓地へ送ったカードとはカード名が異なる「電脳堺」モンスター1体を
自分の墓地から選んで効果を無効にして守備表示で特殊召喚できる。

このカードの固有の効果として特殊召喚した後に

デッキから墓地へ送ったカードとは別の電脳堺1体を

墓地から効果無効、守備表示にして特殊召喚する蘇生効果が発動します。

予め墓地に蘇生したいモンスターを用意しておく必要こそありますが

召喚権なしで2体のモンスターを並べる事が可能でシンクロ召喚やエクシーズ召喚に繋げやすいです。

 

このターン、自分はレベルまたはランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できない。

制約として効果を発動したターンはレベルかランクが3以上のモンスターしか特殊召喚できなくなります。

基本的にはリンク召喚へ繋げられないという考えで問題ないですが

レベル1や2のモンスターを特殊召喚したい場合には効果の発動前にしておきましょう。

 

レベル9シンクロもランク6エクシーズもアルティマヤ・ツィオルキンも

墓地を肥やしつつ自己展開ができるのは電脳堺モンスター全般の特性ですが

このカードはそれに加え吊り上げ効果まで備えているのがポイントです。

レベル6のチューナーがこの2つの効果を備えているというのは非常に優秀で

レベル3の電脳堺を蘇生すれば電脳堺狐-仙々をはじめとするレベル9シンクロ召喚へ繋げられますし

レベル6を蘇生すればレベル12シンクロやランク6のエクシーズ召喚へ繋げられます。

【電脳堺】にとって要となるカードなのは間違いないでしょう。

 

またアルティマヤ・ツィオルキンの特殊召喚にも非常に重宝します。

アルティマヤ・ツィオルキンの運用に特化した電脳堺デッキを組んでみるのも面白いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました