遊戯王OCGカード考察:《鉄獣の抗戦(トライブリゲード・リボルト)》除外を扱う3種族のデッキには是非!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

鉄獣の抗戦
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

wiki

 

【トライブリゲード】用のサポートとなる通常罠です。

徒花のフェリジットと銀弾のルガルがお互いに背中を預けて敵に立ち向かっています。

相手はフードを被りかぎ爪と剣で武装をしたハッシャーシーン・ドラグマです。

鉄獣戦線に暗殺部隊が送り込まれたといった所でしょう。

また後ろには痕喰竜ブリガンドが映っておりそこにはエクレシアの姿があります。

アルバスがエクレシアを助けようとしているのを2人がサポートしているのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

除外した3種族を素材にリンク召喚

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

その効果は1ターンに1度、

墓地から獣族、獣戦士族、鳥獣族のいずれかを任意の数だけ効果を無効にして特殊召喚、

それらを素材にしてトライブリゲードリンクをリンク召喚するというものです。

各種トライブリゲードが持つ墓地から除外してリンクモンスターを出す共通効果と相性がよく、

あちらの効果で利用した墓地コストを使ってそのままこちらの効果の素材として利用でき

そしてこちらの効果で特殊召喚したモンスターはリンク素材にした後に墓地へ送られる為

再びトライブリゲードの共通効果の為のコストにする事が可能です。

この各種トライブリゲードの共通効果とこのカードで

墓地と除外ゾーンを上手く使いまわしていく事が【トライブリゲード】における1つのカギとなるでしょう。

 

また罠カードなのでフリーチェーンでリンク召喚が出来るのもポイントです。

特に鉄獣戦線 凶鳥のシュライグとは相性がよくフリーチェーンで除去が可能となるので

相手の展開の妨害として大いに機能してくれます。

それから各種トライブリゲードの共通効果とは違いこちらは正式な形でリンク召喚するので蘇生が可能です。

凶鳥のシュライグ鉄獣の血盟などで蘇生できるようになるので覚えておくといいでしょう。

 

 

【トライブリゲード】以外のデッキでも除外を活用するのなら問題なく扱えます。

例えばレスキューラビットやレスキューキャットは自身を除外して効果を発動できますし

RR-ミミクリー・レイニアスやRR-ヒール・イーグル、

BF-大旆のヴァーユなどは墓地から除外して効果を発動できます。

特に【武神】は墓地からの除外を多用しますし

【月光】も月光狼によって墓地から除外して融合召喚を行っていくので

このカードを使えば墓地アドバンテージも取り戻せて一石二鳥です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました