遊戯王OCGカード考察:《コウ・キューピット》弓は振り上げるもの、守備力600のモンスターを探してみよう

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

コウ・キューピット
効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2200/守 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが守備力600のモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:手札を1枚捨て、自分フィールドの天使族・光属性モンスター1体と
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分モンスターのレベルはターン終了時まで、
もう1体のモンスターのレベルと同じになる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

キューピットシリーズの新規となる光属性天使族のレベル6モンスターです。

 

女の子がボールの付いた矢を弓をフルスイングして発射しています。

弓の使い方そうじゃねぇから!

名前の由来は「孔球(こうきゅう)」でゴルフの和名です。

テイ・キューピットと「高低」で対になっているネーミングでもあります。

 

後ろの女の子はキャディを意識しているのでしょう。

ただし背負っているのはゴルフクラブではなく発射させる矢の方になっています。

 

スポンサーリンク

守備力600が場にいれば特殊召喚

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスターが守備力600のモンスターのみの場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。

①の効果は1ターンに1度、自分の場のモンスターが

守備力600のモンスターしかいない場合に手札から特殊召喚できる自己展開効果です。

守備力600のモンスターとしては各種キューピットシリーズが該当する他

クリッター、輪廻天狗、SRベイゴマックス、魔界発現世行きデスガイドなどが該当します。

意外と該当するモンスターはいるので気になる人は探してみるといいでしょう。

例えばデスガイドでクリッターを特殊召喚する事で2体とも守備力600なのでこのカードを出せます。

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:手札を1枚捨て、自分フィールドの天使族・光属性モンスター1体と
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分モンスターのレベルはターン終了時まで、
もう1体のモンスターのレベルと同じになる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

自分の場の光属性天使族と表側モンスター1体を指定、

そのターンの間その光属性天使族のレベルをもう1体と同じにするレベル変動効果です。

あって困る効果ではないのですが手札コストが必要な関係から

レベル変動目的であまり活用するケースは少ないでしょう。

ただしフリーチェーンで発動可能な事から、例えば相手ターンに未界域のビッグフットを捨てる事で

フリーチェーンの除去効果として機能したりします。

 

シンクロ素材やエクシーズ素材に

②の効果はやや用途が限定される為、

主に①の効果によって自己展開できるレベル6モンスターとして活用する事になるでしょうか。

例えばレベル6の守備力600としては電脳堺麟-麟々やスピードローダー・ドラゴンがおり

これらと一緒に並べる事でランク6のエクシーズ召喚へ繋げる事が可能です。

他にはシンクロのハイパーサイコライザーもレベル6の守備力600です。

何かしらレベル6のシンクロ召喚が行えるのであればハイパーサイコライザーに繋げる事で

やはりこのカードと一緒にランク6エクシーズに繋げる事が可能です。

 

シンクロ素材にするのもいいでしょう。

例としてEMオッドアイズ・シンクロン、ハロハロ、復讐の女戦士ローズなどが

守備力600のチューナーでありこれらと一緒に並べる事で高レベルのシンクロ召喚に繋げやすいです。

【電脳堺】は電脳堺麟-麟々と電脳堺媛-瑞々の2体が該当しており

シンクロ素材としてもエクシーズ素材としても扱いやすいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました