遊戯王OCGカード考察:《憑依覚醒-ラセンリュウ》デッキからいきなり出てきて対象取らないバウンスぶちかます!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

カード説明

憑依覚醒-ラセンリュウ
効果モンスター
星5/風属性/ドラゴン族/攻2000/守 200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の風属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「風霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

wiki

 

ラセンリュウの進化形となる風属性ドラゴン族のレベル5モンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

 

ウィンの杖から渦を巻いて飛び出しています。

ランリュウに比べて胴体が非常に長くなっておりその名を現すかのようにいくつもの螺旋を描いています。

また角もまるでドリルのように螺旋を描いているのも特徴的です。

 

スポンサーリンク

デッキから特殊召喚しつつ相手をバウンス

①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の風属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。

①の効果は魔法使い族とレベル4以下の風属性を1体ずつ場から墓地へ送る事で

手札かデッキから特殊召喚出来る自己リクルートとも言える効果です。

各種憑依覚醒モンスターに共通するデッキから直接特殊召喚できる効果であり

このカードの場合風属性を担当しています。

【霊使い】であればランリュウと何かしらの霊使いを素材にして出すのがいいでしょう。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。

②の効果は1ターンに1度、①の効果で特殊召喚した時に

相手のカード1枚を選んで手札に戻すバウンス効果です。

対象に取らないバウンスという強力な除去手段であり大抵の耐性持ちは突破可能になっています。

またこの手のバウンス効果に共通する事として壊獣やラヴァ・ゴーレムあたりとは相性がよく

このカードで自分の手札に戻して再利用を狙えます。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「風霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、フィールドから墓地へ送られた場合に

「風霊術」か「憑依」と名の付く魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

これも憑依覚醒に共通するサーチ効果であり

【霊使い】におけるキーカードとなる憑依関連を手札に持ってこれるありがたい手段です。

 

リリース要員さえ確保できるのであれば

とりあえず風属性と魔法使い族を揃えればデッキから突然出てきて

対象に取らないバウンスをしてくるという中々なカードです。

各種憑依覚醒モンスターの中でも明確に相手の盤面に干渉できる除去能力持ちであり

【霊使い】においてもメイン除去手段として活躍してくれるでしょう。

 

それ以外のデッキでも風属性メインのデッキで

ある程度継続的にリリース要員を確保できるのであれば採用が考えられます。

特に風属性魔法使い族テーマである【ウィンド・ウィッチ】や

あと【ネフティス】あたりは割と自然にこのカードを扱う事ができるでしょう。

風霊術-「雅」もリリース要員さえ確保できれば除去手段として使えるので

サーチ効果の方も無駄にはしにくいです。

コメント

  1. 匿名 より:

    マジェスペクターはペンデュラムなのでコストで墓地に送ることはできません

タイトルとURLをコピーしました