遊戯王OCGカード考察:《憑依覚醒-ガギゴバイト》色んな水属性デッキに入る高い汎用性!

今回紹介するのはPHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

憑依覚醒-ガギゴバイト
効果モンスター
星5/水属性/爬虫類族/攻2000/守 200
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の水属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
その後、お互いにデッキから1枚ドローする。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「水霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

wiki

 

ジゴバイトの進化形となる水属性爬虫類族のレベル5モンスターです。

 

ビフォー

 

 

アフター

エリアの杖から水と雷を纏いながらウルトラマン的なポーズで勢いよく飛び出しています。

肩の突起の形状などがやや違いますか他の憑依覚醒モンスターに比べると

あまり外見的な差異は見られないですね。

名前はよりガガギゴを意識したものとなっています。

 

スポンサーリンク

①:このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の水属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。

①の効果は自分の場の魔法使い族とレベル4以下の水属性を1体ずつ墓地へ送る事で

手札かデッキから特殊召喚できるというものです。

他の憑依覚醒と同じくデッキから直接特殊召喚できる稀有な効果であり

【霊使い】であればジゴバイトと各種霊使いをリリースして特殊召喚するのがいいでしょう。

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
その後、お互いにデッキから1枚ドローする。

②の効果は①の効果で特殊召喚した場合に

相手の手札をランダムに1枚墓地へ送った後にお互いにドローするハンデス&ドロー促進効果です。

ハンデスした後にドローさせる為結果的には墓地を越えさせるだけで相手の損失はありませんが

こちらもドローできる為結果的にアドバンテージの確保に繋がっています。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「水霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

③の硬化は1ターンに1度、フィールドから墓地へ送られた場合に

「水霊術」か「憑依」と名の付く魔法罠を手札に加えるサーチ効果です。

他の憑依覚醒モンスターと同様の墓地へ送られた時に発動する効果であり

リンク素材などにする事で容易に発動条件を満たす事が可能です。

【霊使い】であればキーカードとなる憑依魔法罠をサーチできるありがたい効果ですが

水霊術-「葵」各種霊術カードの中でも特に使いやすいカードであり

こちらのサーチも大いに役立つでしょう。

 

水属性メインでも魔法使い族メインでも

【霊使い】は勿論の事、他の水属性デッキでも

魔法使い族さえ用意できるのであれば容易に出せる使いやすいカードです。

特に水属性には黄泉ガエルやフィッシュボーグ・プランターなどがいるので

これらを採用しているデッキであれば水属性側のリリース要員の確保は難しくないでしょう。

その場合採用する魔法使い族としてはクリスタル・ガールが特に扱いやすいです。

逆に魔法使い族メインのデッキでも黄泉ガエルあたりを出張させる事で

同様にこのカードの特殊召喚を狙っていけるでしょう。

 

水霊術-「葵」の使いやすさも含めて各種憑依覚醒系のカードの中でも

特に色んなデッキに採用しやすいカードだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました