遊戯王OCGカード考察:《精霊術の使い手》霊使いの関連のカードをデッキから一気に2枚!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-よりこのカードです。

 

 

カード説明

精霊術の使い手
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、「憑依」魔法・罠カードの内、
2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。

wiki

 

【霊使い】用のサポートとなる速攻魔法です。

アウス、ヒータ、エリア、ウィンの4名が一斉に杖を掲げて魔法陣を展開しています。

大霊術-「一輪」とはまた違ったタイプの合体魔術という事なんでしょうね。

4人それぞれの表情に個性があるのがいいですね。

今回のストラクチャーデッキと同じ名前を冠したカードであり

新規カードの中でも特別な1枚といった風格が出ています。

 

スポンサーリンク

手札1枚をコストに1枚サーチしてもう1枚セット

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、「憑依」魔法・罠カードの内、
2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。

その効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

霊使いモンスター、憑依装着モンスター、憑依魔法罠のうち2種類を選び

その内1枚を手札に加えてもう1枚を自分の場にセットできるというものです。

あくまで1種類ずつしか選択できないだけで

例えば憑依覚醒をサーチして憑依連携をセットするなんて芸当も可能です。

手札コストこそ必要なものの【霊使い】にとって核となってくる

憑依魔法罠を2枚同時に確保できる非常にありがたい効果となっています。

各種霊使いをコストとして墓地へ送りつつ憑依連携をセットorサーチして

その効果で送った霊使いを蘇生といった動きも可能です。

 

また速攻魔法故にセットしておいて相手ターンでの発動が可能です。

魔法罠除去に合わせて使えるのは勿論の事、相手の出したモンスターに応じて

属性のあった霊使いをセットする事で相手モンスターを奪いやすくなるでしょう。

フリーチェーンで表側表示にできるカードがあれば展開の途中に妨害できますし

それらが無い場合は相手エンドフェイズ時に発動して

属性にあった霊使いをセットしておくのがいいでしょう。

 

その他憑依覚醒をセットして発動し、

サーチした憑依装着モンスターでドロー効果を適用するといった動きもできますし

状況に応じて2枚のカードを一気に用意できる非常に万能なカードです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました