遊戯王OCGカード考察:《機塊(きかい)リユース》機塊にとってデッキに戻るのはむしろメリットです

今回紹介するのはCOLLECTION PACK 2020よりこのカードです。

 

カード説明

機塊リユース
通常魔法
①:自分の墓地の「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

wiki

 

【機塊】用のサポートとなる通常魔法です。

VRAINSにおいてロボッピがゴーストガール&ブラッドシェパード戦で使用し

電幻機塊コンセントロールの蘇生に繋げました。

アニメではターン1制限がありまたリンクモンスターは蘇生できませんでしたが

OCG化に伴いそのあたりの制約が緩くなっています。

 

工場のラインでコンセントロールやブレイカーバンクルが組み立てられています。

リユースというのは物を捨てずに再利用する事で

資源を無駄にしない3つの行動である3Rの1つに分類されます。

ちなみにロボッピはこの3Rである

「リデュース」「リユース」「リサイクル」に該当するカードを全て使用しています。

 

スポンサーリンク

ターン1制限もない使いやすい蘇生効果

①:自分の墓地の「機塊」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

その効果は墓地の機塊モンスター1体を特殊召喚する蘇生効果です。

アニメと違い1ターンに1度の制限もなくリンクモンスターも蘇生できると

蘇生カードとしてかなり優秀です。

1体のモンスターからリンク召喚が行える【機塊】にとっては

マクロコスモスでも撃たれない限りは蘇生対象に困るケースはまずないでしょう。

 

この効果で特殊召喚したモンスターは、
フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

デメリットとしこの効果で蘇生した機塊はフィールドから離れた場合

デッキの一番下に戻ってしまいます。

とはいえ【機塊】にとってこれは一概にデメリットとも言えず

何かとデッキからなくなりやすいコンセントロールをデッキに戻して再度効果の発動が狙えますし

リンクモンスターもEXデッキに戻すことで再度リンク召喚が狙えるようになる為

「デッキに戻す」という点がプラスになるケースも多いです。

 

まさに墓地の機塊を蘇生して「再利用」し、さらにデッキに戻して「再利用」するという

リユースの名に恥じないカードとなっています。

総じて【機塊】にとっては非常に便利で扱いやすい蘇生カードであり

展開力の補強やデッキに戻す手段として積極的に活用していきたいカードだと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました