遊戯王カード考察:≪覇王城(はおうじょう)≫ついにE-HEROで超融合が使えるように

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編5-よりこのカードです。

 

 

 

カード説明

覇王城
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターを
「ダーク・フュージョン」の効果以外でも融合召喚できる。
②:1ターンに1度、
自分の悪魔族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
デッキ・EXデッキから「E-HERO」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×200アップする。

 

イービルヒーローのサポートとなるフィールド魔法です。

覇王城覇王十代およびそれが率いる覇王軍の居城です。

この手の建築物ではお約束ですが居住性に全力で喧嘩売ったデザインしてます。

 

 

ついに超融合で融合召喚できるように

スポンサーリンク

 

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターを
「ダーク・フュージョン」の効果以外でも融合召喚できる。

①の効果はこのカードが発動している間

本来ダーク・フュージョンでしか融合召喚出来ないイービルヒーローを

他の方法でも融合召喚できるというものです。

これにより待望にしていた人も多い

超融合を使ったイービルヒーローの融合召喚が実現可能となりました。

特にE-HEROマリシャス・ベインはレベル5以上のモンスターであれば素材にできるので

超融合で相手モンスターを奪えるケースも結構あるでしょう。

またイービールヒーローは悪魔族なので

魔神王の契約書あたりでも融合召喚が可能になります。

 

 

②:1ターンに1度、
自分の悪魔族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
デッキ・EXデッキから「E-HERO」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×200アップする。

②の効果は1ターンに1度、自分の悪魔族が相手モンスターと戦闘する場合、

デッキかエクストラデッキからイービルヒーローを墓地へ送る事で

そのターンの間送ったイービルヒーローのレベル×200の数値分

自分の悪魔族の攻撃力をアップさせる強化効果です。

上昇させられる攻撃力の最大値はレベル8を墓地へ送った場合の1600であり

マリシャス・デビル、マリシャス・ベイン、ダーク・ガイア、ワイルド・サイクロンが該当します。

強化数値としても十二分に強力であるのは勿論の事、

エクストラデッキのイービルヒーローを墓地へ送る為の手段としても有用です。

送ったモンスターはダーク・コーリングで融合素材にしてしまうのがいいでしょう。

ダーク・ガイアを融合召喚しようと思った場合には

攻撃力3500のマリシャス・デビルを墓地に送るのがオススメです。

 

墓地で効果を発動できるシニスター・ネクロムを墓地へ送るのもいいでしょう。

この場合でも攻撃力上昇は1000と中々の数値を確保できます。

 

 

他の悪魔族デッキに出張も

 

他の融合も使えるといっても結局の所

ダーク・フュージョンやダーク・コーリングでの融合召喚が基本となるでしょう。

その為①の効果よりも②の効果が主軸と考える事になります。

どちらかというと①の効果はテキストに「ダーク・フュージョン」が書かれている為

アダスター・ゴールドでサーチ可能になっている点が何よりも嬉しいポイントです。

 

【E-HERO】において攻撃力を上昇する意味は大きく

マリシャス・エッジであれば最大で攻撃力4200の貫通アタッカーになれますし

マリシャス・ベインならば破壊できるモンスターの範囲がさらに上昇します。

これに加えてヘル・ゲイナーがあれば2回攻撃を付与する事も出来るので

場合によっては1ターンキル級のダメージを叩き出す事もできるでしょう。

 

また②の効果はメインデッキにイービルヒーローを入れずとも

EXデッキにさえ入れておけば効果を発揮可能であり

EXデッキの枠に余裕があるのであれば

他の悪魔族デッキにも攻撃力強化カードとして活用が可能です。

攻撃力強化と相性のいい悪魔族はいくつかおり

例えば魔界劇団-ティンクル・リトルスターであれば

攻撃力2600の三回攻撃が可能になりますし

デストーイ・シザー・ウルフやデストーイ・ハーケン・クラーケンも

連続攻撃が可能なので攻撃力を強化してやれば面白い事になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました