遊戯王カード考察:≪天威龍-ヴィシュダ(てんいりゅうヴィシュダ)≫手札から出しやすいレベル7がまた増えました

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

天威龍-ヴィシュダ
効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻1500/守2500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
天威の1体となる闇属性幻竜族のレベル7モンスターです。
禍々しいオーラをただ寄せる実体のない骨の東洋龍です。
天威のストーリーとしては天威流の当代継承者が
このヴィシュダの闇の気に囚われて天威の鬼神へとなり果てました。
殺意の波動みたいなものですね。
名前のモチーフは第5のチャクラ「ヴィシュッダ」からでしょう。
「浄める」という意味で喉の中央あたりにあると言われ
話す力や効く力、創造力を司っています。

天威におけるメイン除去手段の1つ!

スポンサーリンク

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
①の効果は1ターンに1度、自分の場に効果モンスターが存在しない場合に
手札から特殊召喚できる自己展開効果です。
メインデッキの天威が持つ共通効果であり
【天威】においては効果を持たないモンスターのリンク召喚に繋げる事で
召喚権なしで次々と展開していく事が可能です。
また守備力が2500と高めなためある程度壁としても運営でき
攻撃力も1500はあるので相手の場にモンスターがいない時には
ダメージの上乗せにも機能するでしょう。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
②の効果は1ターンに1度、
自分の場に効果を持たないモンスターが表側でいる場合に
手札か墓地から除外する事で相手のカード1枚を手札に戻すバウンス効果です。
こちらもメインデッキが持つ共通の発動条件であり
【天威】においては天威の拳僧や天威の鬼神を用意すれば発動条件を満たせ
天威の龍仙女と並ぶ主力の除去手段として活用できます。
あちらが破壊、こちらが手札にバウンスなので上手く使い分けていきましょう。

ランク7のエクシーズ素材として超便利!

天威関連のカードは出張性の高いものが多いですが
このカードはまず手札から出しやすいレベル7というだけでも一定の需要があります。
ダイナレスラー・パンクラトプスと並ぶ特に出しやすいレベル7モンスターとして
ランク7のエクシーズ素材を筆頭に活躍してくれるでしょう。
その上で効果を持たないモンスターがいればバウンス効果も発動可能です。
例えば幻獣機ドラゴシップやNo.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホークなど
トークンを生み出せるモンスターのエクシーズ素材にして効果を発動すれば
それで②の効果の発動条件を満たす事ができます。
このようにランク7のエクシーズを狙うデッキにおいて
素材と同時に除去手段としても活用できる非常に便利なカードです。
また攻撃力1500の闇属性なのでダーク・バーストで回収可能です。
あえて②の効果で除外せずに手札に回収して素材として使いまわすのも手です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました