遊戯王カード考察:フューリー・オブ・ファイア 発動前にある程度展開すると吉

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)よりこのカードです。

 

 

カード説明

フューリー・オブ・ファイア
通常魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを2体まで選んで
守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
サラマングレイトのサポートとなる通常魔法です。
ヴレインズにおいてソウルバーナーがリボルバー戦で使用し
その効果で手札から転生炎獣ファルコと転生炎獣パローを特殊召喚しました。
アニメでは同名カード2枚の特殊召喚が可能でしたが
OCG化に伴い同名カード2枚では不可能になった代わりに対象に取らない効果となりました。
イラストに映っているのはJジャガーとファルコでしょうか?
全身に炎を元った猫と鳥が炎で出来たゲートから飛び立っています。
2匹とも凄まじい形相をしておりまさに怒りを体現してるように見えます。

モンスター2体を蘇生するシンプルに優秀な効果

スポンサーリンク
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
〇〇・オブ・ファイアではすっかりお馴染みとなった効果外テキストです。
この効果外テキストのおかげで転生炎獣フェネックや転生炎獣ベイルリンクスの効果で
デッキや墓地から手札に加える事が可能となっています。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・墓地から「サラマングレイト」モンスターを2体まで選んで
守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分は1回しかEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
その効果は1ターンに1度、手札か墓地からサラマングレイトを2種類まで選んで
守備表示で効果無効にして墓地から特殊召喚する蘇生効果です。
守備表示限定なのでリンクモンスターは蘇生できない点には注意です。
それでも単純にモンスター2体を一気に蘇生できるのは有用で
効果を無効にしますがサラマングレイトにはフェネックやコヨーテなど
墓地へ送られた際に発動する効果をモンスターもおりそれらは発動可能です。

ある程度展開した後に発動するというテクニック

ただ問題なのは発動後1回しかエクストラデッキから
モンスターを特殊召喚できなくなる制約ですね。
これは転生リンク召喚を主軸とするサラマングレイトには非常に痛い制約です。
ただカードを発動する前にEX特殊召喚した回数はカウントされない為、
このカードを発動する前に事前にある程度EXデッキから展開をしておいて
その後でこのカードで蘇生するという方法でフォローする事が可能です。
例えばあらかじめ転生炎獣ヒートライオをリンク召喚しておき
このカードで蘇生した2体と合わせて転生リンク召喚を狙うといった感じですね。
他には自分ターンで展開の準備だけはしておいて相手ターンに
超融合で転生炎獣ヴァイオレット・キマイラの融合召喚を狙うといった手もあります。
このカードを使うのであればそういった発動タイミングを
意識して運用していくのが大事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました