遊戯王カード考察:冥宮の番人(めいきゅうのばんにん) 通常モンスターサポート、ガイアナイトなどにも有効

スポンサーリンク

冥宮の番人
リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻1400/LINK-2
【リンクマーカー:左下/右下】
\ ↑ /
←   →

通常モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:効果モンスター以外の自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップし、
相手フィールドの効果モンスターの攻撃力は500ダウンする。
②:このカードが相手によって破壊された場合、
効果モンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

冥界の番人のリメイクとなる地属性戦士族のLINK-2です。

 

ビフォー

アフター

いかにも不健康そうだった肌が随分と血色がよくなりました。

また特徴的な口のついた炎の盾がより大型化しています。

鎧もより重装備になっており全体的に防御力が増した感じしますね。

ちなみに毎回の番人の英語名は「Guardian of the Labyrinth」であり

実はこの時点で既に迷宮としての名称が入っています。

むしろこのカードの英語名が気になる所ですね。

あえてこちらが「Guardian of the underworld」とかになるのかもしれません。

 

 

【リンクマーカー:左下/右下】
通常モンスター2体

リンク素材には通常モンスター2体を指定しています。

通常モンスターを素材指定するリンクには

リンク・スパイダーや星杯竜イムドゥークがいましたが

LINK-2ではこのカードが初めてとなります。

リンクマーカーは斜め下2つというEXモンスターゾーン向けの配置です。

EX召喚枠の確保に向いた使いやすい配置ですね。

レスキューラビットなどで通常モンスター2体を揃えられますし

スケープ・ゴートなどでトークンを利用する選択肢もありです。

 

 

①:効果モンスター以外の自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップし、
相手フィールドの効果モンスターの攻撃力は500ダウンする。

①の効果は効果モンスター以外の自分モンスターの攻撃力を500上げ

相手効果モンスターの攻撃力を500下げるという

全体強化&全体弱体化効果です。

効果モンスター以外というのは通常モンスターだけでなく

ジェムナイト・パールや大地の騎士ガイアナイト、

電影の騎士ガイアセイバーなども該当します。

実際に対峙するであろう相手は大体が効果モンスターになるので

多くの場面で差し引きで1000もの攻撃力差をつける事が可能となります。

下級モンスターの通常モンスターの最高打点である攻撃力2000でも

3000打点まで相打ちに持ち込めるのでかなり強力な効果です。

またこのカード単体でも実質1900打点までは

相手にする事が可能となります。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが相手によって破壊された場合、
効果モンスター以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、相手によって破壊された場合に

効果モンスター以外のモンスター1体を

墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

こちらもジェムナイト・パールなどを蘇生可能であり

特に電影の騎士ガイアセイバーを蘇生できるのは

EX召喚枠の確保の面でも美味しいです。

 

 

どちらの効果も通常モンスターをサポートするものであり

リンク素材からも通常モンスターを軸にするデッキで活用する事になるでしょう。

特に複数の通常モンスターを並べやすいテーマ、

例えばペンデュラムテーマであるイグナイトあたりと相性がよく

制限カードになったヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムに続く

有力なリンクモンスターの候補となってくれます。

ペンデュラム召喚を狙う場合に斜め下2つにマーカーがあるのも美味しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました