遊戯王カード考察:魂の造形家(スピリット・スカルプター) 可能性に満ち溢れたサーチ効果、あなたは何をサーチする?

スポンサーリンク

今回紹介するのはRISING RAMPAGEよりこのカードです。

 

 

 

魂の造形家
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
元々の攻撃力と元々の守備力の合計が、
リリースしたモンスターと同じとなるモンスター1体をデッキから手札に加える。

 

 

光属性天使族のレベル4モンスターです。

すっげぇキモいデザインだな!

老人の彫刻家がウォータースピリットらしき彫刻を作成しています。

問題はこの彫刻、何か触覚の部分が動いてます。

もしかしこれ、完成したらウォータースピリットになるのでしょうか。

ウォータースピリット作ってるのはこいつか!?

 

 

その効果は自分のモンスター1体をリリースする事で

その元々の攻撃力と守備力の合計が同じ攻撃力と守備力の合計を持つモンスターを

デッキからサーチするというものです。

例えばこのカードの攻撃力守備力の合計は3700なので

自身をリリースすれば攻撃力1800、守備力1900のモンスターだったり

攻撃力2000、守備力1700のモンスターだったりがサーチできるわけです。

 

 

このカード自身をリリースして出せるモンスターの候補も結構あり

制限カードであるクロノグラフ・マジシャンだったり

相手モンスターをリリースできるサタンクロースだったりがサーチ可能です。

中でもアーティファクトはアイギス、アキレウス、ヴァジュラと

3体のモンスターがこのサーチ対象に該当しています。

【アーティファクト】は召喚権が余りやすいデッキですし

同じ光属性天使族という事でサポートも共有しやすいので

混ぜてみるのも面白いでしょう。

他には守護神官マナや幻想の見習い魔導士もサーチできるので

【ブラック・マジシャン】に組み込むという手もあります。

 

 

他のモンスターをリリースする場合はどうでしょう?

例えば繰り返しリリース要員として使いやすい黄泉ガエルをリリースすれば

手札誘発カードのD.D.クロウや防御カードとして使える虹クリボー、

大型モンスターに繋がるRR-ラスト・ストリクスなど

結構な数のレベル1モンスターがサーチ対象に入ります。

 

また帝は大体攻撃力と守備力が統一されているので

アドバンス召喚して効果を使い終わった帝をリリース、

また新しい帝をサーチするといった動きも可能です。

ただその場合このカードをどうやって出すかが課題になるでしょうか

 

スケープ・ゴートの羊トークンなどをリリースするのもいいでしょう。

この場合攻撃力と守備力が両方0のモンスターをサーチ可能です。

こちらも該当するカードがかなり多く各種時械神や魔神儀、方界モンスターや

手札誘発カードのエフェクト・ヴェーラーに防御カードのバトルフェーダー、

あとはSin・パラドクスギアや覇王門無限、覇王門零なんかもサーチできます。

1キル要因として悪名高い破滅竜ガンドラXなんかもサーチできるので

羊トークンに限らず攻撃力守備力0のトークンをリリースするのはオススメです。

 

 

正直リリースするモンスター次第でサーチ候補はいくらでも広がるので

何をリリースして何をサーチするのがいいのかとか思いつくのにも限界があります。

組み合わせ次第で様々なカードをサーチできる可能性に満ち溢れたカードです。

こういうのはデュエリストとしての知識と技量が如実に問われますね。

皆さんも是非色々なリリース候補とサーチ候補を考えてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    何!?ウォータースピリットはチューインガムではなかったのか!?

タイトルとURLをコピーしました