遊戯王カード考察:超量機獣(ちょうりょうきじゅう)ラスターレックス また超量の妨害能力が上がったよ

今回紹介するのはDARK NEOSTORMよりこのカードです。

 

 

 

超量機獣ラスターレックス
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/機械族/攻2700/守1900
レベル7モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードが「超量士ホワイトレイヤー」をX素材としている場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから「超量士」モンスター1体を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

 

 

超量に新しく追加された巨大メカです。

白と金というヒロイックなカラーリングなティラノサウルス型巨大メカです。

こうゾイドあたりにいてもまったく違和感のないデザインですね。

まあ色合いからも効果からもホワイトレイヤー用の巨大メカですね。

今度やる戦隊ヒーローが「騎士竜戦隊リュウソウジャー」といって

恐竜がモチーフの1つになっているのでそう考えるとかなり旬な巨大メカです。

 

 

レベル7モンスター×2

エクシーズ素材はレベル7モンスター2体と特に指定はありませんが

効果を考えるとホワイトレイヤーをエクシーズ素材にするのが理想的です。

幸いホワイトレイヤー自身が手札コストこそいりますが

手札から特殊召喚できる効果を持っているので素材にするのは難しくありません。

あとは超量妖精アルファンを用意すればエクシーズ召喚が狙えますし

手札から特殊召喚しやすいレベル7、

例えばダイナレスラー・パンクラトプスあたりを素材にするのもいいでしょう。

超量機艦マグナキャリアがあればホワイトキャリアーだけでも特殊召喚ができます。

 

 

①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。
③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから「超量士」モンスター1体を選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

①と③の効果はオーバーレイユニットがないと攻撃できないデメリットと

1ターンに1度手札かフィールドから超量士1体を

このカードのオーバーレイユニットにするという超量機獣共通の効果です。

このカードは攻撃力2700と超量機獣の中でも高い攻撃力を誇るので

出来るだけ攻撃できないという事態は避けたい所です。

 

 

②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードが「超量士ホワイトレイヤー」をX素材としている場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。

②の効果は1ターンに1度、オーバーレイユニットを1つ消費する事で

そのターンの間フィールドの効果モンスター1体の効果を無効にできます。

これまた他の超量機獣同様にこのカードのパイロットである

ホワイトレイヤーが操縦している(エクシーズ素材になっている)場合は

フリーチェーンで効果を発動する事が可能です。

超量機獣マグナライガーと違いそのモンスターの破壊こそできないものの

召喚反応系の効果も防げたり破壊耐性持ち相手の対処もできたりと

あちらとはまた違った仕事をこなす事が可能です。

各種超量機獣の効果の中でも特にフリーチェーンで発動できるかどうかが

使い勝手に大きく関わってくるので出来る限りホワイトレイヤーは素材にしたいです。

フリーチェーンで発動する事さえできれば

相手の動きを妨害するのに非常に役立ってくれるでしょう。

また自分のモンスター効果を無効にする事が出来るので

デメリットを回避させるといった使い方も可能です。

 

 

マグナライヤーやエアロボロスと同様にモンスターに対する対処をするカードであり

かつ他の2枚では対応できない召喚反応系にもしっかりと対応できるなど

中々に痒い所に手が届くモンスターとなっています。

攻撃力はマグナライガーと100ほどしか違いがありませんがランクが7あるので

グレートマグナスに次いで超量機神剣-マグナスレイヤーを使いこなせます。

このカードにマグナスレイヤーを装備する事で攻撃力は3400にまで上昇、

貫通攻撃をした上でその後も2700の2回攻撃が行えます。

光属性なのでオネスト対応というのも見逃せないポイントです。

攻撃力が上がった状態で3回攻撃を行えば1ターンキルも十分狙えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました