遊戯王カード考察:Sin Tune(シン チューン) Sinにドローソースも来てくれました

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONよりこのカードです。

 

 

 

Sin Tune
通常罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが戦闘以外で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「Sin」モンスター1体を手札に加える。

 

 

Sinのサポートとなる通常罠です。

「遊戯王~超融合!時空を越えた絆~」においてパラドックスが使用したカードで

Sinレインボー・ドラゴンが戦闘破壊された事をトリガーに発動されました。

OCG化に伴い効果破壊にも対応するようになった他

墓地発動効果も追加されています。

卵が割れ中から黒い芽が生えてきています。

チューンという言葉には

「人や動物、または環境などが調和、和合している状態」という意味もあり

Sinモンスターが死んだとしても残照が芽として残り

世界に調和している様を表しているのかもしれません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場のSinが戦闘破壊か相手の効果で破壊された場合に

デッキから2枚ドローできるというものですドロー促進効果です。

相手依存の形が強いものの発動条件自体はそこまで厳しくなく

2枚ドローできるというのはやはり強いです。

ただ相手が破壊以外の除去手段に充実している場合には

中々上手く発動できないかもしれません。

Sinスターダスト・ドラゴンあたりは割合戦闘破壊もされるので

そちらの方を発動条件のトリガーにしてもいいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の「Sin」モンスターが戦闘以外で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「Sin」モンスター1体を手札に加える。

②の効果は自分の場のSinが戦闘以外で破壊された場合に墓地から除外する事で

Sinと名の付くモンスター1体をデッキから手札に加えるサーチ効果です。

こちらは①と違い戦闘破壊には対応していないものの効果破壊にも限定されておらず

フィールド魔法がない時にSinを出して自壊させる事でも発動条件が満たせます。

この時Sin・パラレルギアをサーチする事で手札のSinと一緒に

シンクロ召喚に繋げられるのでフィールド魔法が確保できない場合においての

動く手段の1つとして機能させられます。

それ以外の場合は素直にSin・パラドクスギアなり

その場の状況に応じて機能するSinをサーチするのがいいでしょう。

 

 

相手依存な所もあり安定して使えるカードではありませんが

上手く機能すればこのカード1枚で3枚分のアドバンテージを確保可能です。

なんだかんだ戦闘破壊された場合の保険になりますし

また仮に魔法罠除去で伏せているこのカードを破壊されたとしても

②の効果に繋げる事も出来るので

まったく機能しないという事は少ないでしょう。

 

それにしても本当に今回、Sin関連のサポートが充実していますね。

むしろ今までSin用の魔法罠が少なすぎたとも言いますが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました