遊戯王カード考察:ガーデン・ローズ・メイデン ブラック・ガーデンのサポートカード登場

スポンサーリンク

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。

 

 

 

ガーデン・ローズ・メイデン
シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻1600/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは
ドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

wiki

 

 

闇属性植物族のレベル5シンクロモンスターです。

レジェンドデュエリスト編4は各シリーズの女性デュエリストに関連した

カードが収録されますが5D’sからは十六夜アキが代表となっています。

茨の森に佇む白いドレスを着た色白な美少女です。

効果から考えるとブラック・ガーデンに住んでいるのでしょうか。

 

 

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材には特に指定のない汎用シンクロモンスターの一種です。

【ローズ・ドラゴン】ならホワイトローズ・ドラゴンやブルーローズ・ドラゴンと

蘇生したグローアップ・バルブあたりでシンクロ召喚を狙うといいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、特殊召喚に成功した場合に

デッキか墓地からブラック・ガーデン1枚を手札に加えるというものです。

ここにきてブラック・ガーデン用のサポートがやってきました。

テラ・フォーミングが制限カードになっている現在、

ブラック・ガーデンを主軸にするデッキにとっては貴重なサーチ手段となるでしょう。

墓地から回収できるのもポイントでデッキにブラック・ガーデンがなくなったとしても

腐らせずに効果を活用可能です。

このカード自身の攻撃力も1600とローズ・トークン2体で蘇生可能な数値であり

ブラック・ガーデンを破壊してこのカードを蘇生して

その破壊したブラック・ガーデンをすぐさま回収、という芸当も可能です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「ローズ・ドラゴン」モンスターまたは
ドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、墓地から除外する事で

ドラゴン族シンクロかローズ・ドラゴンと名の付くモンスターを

墓地から特殊召喚する蘇生効果です。

ドラゴン族のシンクロモンスターは種類が豊富に存在しており

ローズ・ドラゴンをまったく採用していないデッキであっても

シンクロデッキであれば蘇生対象にそこまで困る事はないでしょう。

月華竜ブラック・ローズやクリスタルウィング・シンクロ・ドラゴンなど

蘇生からでも効果を活かせるカードを一緒に採用しておきましょう。

 

 

一応ローズ・ドラゴンに関する効果こそ持っているもの

前述の通り②の効果はドラゴン族シンクロ全般に有効で

シンクロ素材も特に指定が無い事からブラック・ガーデンを扱うのであれば

様々なシンクロデッキに採用出来るカードとなっています。

 

 

また闇属性なので闇次元の解放に対応しています。

②の効果で除外したこのカードを特殊召喚でき

そのまま①の効果の発動も狙えるのでかなり相性がいいです。

墓地に送る事が出来れば再び②の効果を狙う事もできるでしょう。

 

 

ちなみにこのカードの収録に伴いブラック・ガーデンも再録され

テキストも新しくなりました。

 

ブラック・ガーデン
フィールド魔法
「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法でモンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、
そのモンスターの攻撃力を半分にし、
そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に
「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)
1体を攻撃表示で特殊召喚する。
また、自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードとフィールド上の植物族モンスターを全て破壊し、
自分の墓地からこのカードの効果で破壊したモンスターの攻撃力の合計と
同じ攻撃力のモンスター1体を選択して特殊召喚する。

↑が旧テキストで

 

ブラック・ガーデン
フィールド魔法
①:「ブラック・ガーデン」の効果以外で
モンスターが表側表示で召喚・特殊召喚される度に発動する。
そのモンスターの攻撃力を半分にする。
その後、そのコントローラーは、相手のフィールドに
「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)
1体を攻撃表示で特殊召喚する。
②:フィールドの全ての植物族モンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力を持つ、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカード及びフィールドの植物族モンスターを全て破壊する。
全て破壊した場合、対象のモンスターを特殊召喚する。

↑が新テキストです。

まあ多少は分かりやすくなったといった感じですね・・・。

もしこのカードと共にブラック・ガーデンを使おうと思っていたら覚悟してください。

遊戯王史上に残る難解カードですから

正直な所自分もこのカードをルールミスせずに運用できる自信まったくないです。

というわけで使いこなしてみせるって人はwikとか見て頑張って覚えてください!

コメント

  1. 匿名 より:

    これを機会にブラックガーデンの裁定が分かりやすくなることを
    源氏の籠手が盗める確率程度に期待していたのですが、
    そうはならなかったのが残念です。

タイトルとURLをコピーしました