遊戯王カード考察:ヴェンデット・コア 儀式モンスターに耐性付与、エグゼクターに是非

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ヴェンデット・コア/Vendread Core
効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守 500
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
②:フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した
「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

 

 

ヴェンデットの新規となる闇属性アンデット族のレベル1です。

青白く光る球体を中心に目や手、タコの触手などさまざな生物の部位が漂っています。

名前を考えるとこれこそがヴェンデットのコアともよべる存在であり

ここから様々なヴェンデットが作られていくのでしょう。

バイオハザードでいうTウィルスみたいなものでしょうか。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、
自分の墓地からアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

①の効果は1ターンに1度、墓地からアンデット族1体を除外する事で

墓地から自身を特殊召喚する自己蘇生効果です。

フィールドから離れた場合に除外される制約も含めて

多くのヴェンデットモンスターが持つ蘇生効果であり

このカードの場合墓地のアンデット族を除外する事を発動条件とします。

多くのアンデット族の例にもれずヴェンデットも墓地のカードを積極的に活用する為

墓地のカードを除外しなければいけないというのはコストとして軽くないものの

ヴェンデット・リユニオンの発動を手助けしたりとデメリットばかりではありません。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのこのカードを使用して儀式召喚した
「ヴェンデット」モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

②の効果は1ターンに1度、フィールドのこのカードを素材に

ヴェンデット儀式モンスターを儀式召喚した場合に

その儀式モンスターに対象耐性を付与するというものです。

ヴェンデットにとって主軸となる儀式モンスターの場持ちを高めてくれる効果であり

特にリヴェンデット・ボーンで破壊効果を身代わりする事が出来る

リヴェンデット・スレイヤーやリヴェンデット・エグゼクターとは相性が抜群です。

 

 

レベルが1の為儀式召喚のレベル合わせには他のカードがより必要になるものの

ヴェンデットにとっては逆にヴェンデット・リユニオンで調整しやすい利点ともなり

①の効果も含めてヴェンデット・リユニオンと相性がいいカードと言えるでしょう。

またレベル1という事はワン・フォー・ワンに対応しているという事でもあり

デッキから直接特殊召喚を狙っていくことも可能です。

ヴェンデットは墓地で発動する効果を持つモンスターも多い為、

手札コストも無駄になりにくいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました