遊戯王カード考察:ヴェンデット・リユニオン 除外したカードを再利用しつつ儀式召喚

スポンサーリンク

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

 

 

 

ヴェンデット・リユニオン/Vendread Reunion
通常罠
①:儀式召喚する手札の「ヴェンデット」儀式モンスター1体を相手に見せる。
レベルの合計が見せた儀式モンスターのレベルと同じになるように、
除外されている自分の「ヴェンデット」モンスターを任意の数だけ選び、
裏側守備表示で特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
その後、その裏側守備表示モンスターを全てリリースして
手札からその儀式モンスターを儀式召喚する。

 

 

ヴェンデットのサポートとなる通常罠です。

様々なヴェンデット達が1つの塊のようになっている禍々しいイラストです。

この塊からヴェンデット・キマイラが誕生するのかもしれません。

リヴェンデット・スレイヤーが見上げるような構図からも

この塊の巨大さが伺えます。

 

 

その効果は手札のヴェンデット儀式モンスターを相手に見せ

その見せた儀式モンスターのレベル合計分だけ

除外ゾーンからヴェンデットを1種類ずつ裏側守備表示で特種召喚、

それらを全てリリースして儀式召喚を行うというものです。

いわばヴェンデット用の儀式魔法ならぬ儀式罠とも言える効果です。

他のヴェンデット用の儀式魔法と違い墓地からの儀式召喚はできないものの

除外ゾーンからリリース要員を引っ張ってこれるのが特徴で

序盤では使いづらいもののコストや自身の制約で除外されたヴェンデットを

墓地に再び戻しつつ儀式召喚を行う事が可能です。

儀式召喚の前に蘇生を挟む為、各種ヴェンデットが持つ

フィールドから儀式素材にされた際の効果も問題なく発揮可能です。

ただ当然蘇生制限を満たしていないモンスターは蘇生できないので

特にヴェンデット・キマイラをリリース要員にしたい場合は注意しましょう。

 

 

罠カード故にフリーチェーンで儀式召喚を行えるのも見逃せないポイントです。

特にフリーチェーンの除去効果を付与できるヴェンデット・ヘルハウンドや

ヴェンデット・レヴナントを素材にして相手ターンに不意に儀式召喚できれば

相手の動きを大幅に狂わす事が出来るでしょう。

 

 

除外を多用するヴェンデットにとって除外したカードを墓地に戻しつつ

フィールドで素材になった際の効果もしっかり発動させられるこのカードは

非常に重宝するものといえるでしょう。

またヴェンデットの儀式モンスターはいずれも守備力0であり

悪夢再びに対応しています。

他の儀式魔法は墓地から儀式召喚を行う為、墓地にいたままでも問題ないですが

このカードを使うのであれば積極的に手札に戻していく価値は高いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました