遊戯王カード考察:コード・ラジエーター 貴重な水属性サイバース族、シューティングコードのサポートとして

スポンサーリンク

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

コード・ラジエーター
効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1600/守 800
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターを
「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として
手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは攻撃力が0になり、
効果は無効化される。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。

 

 

水属性サイバース族のレベル4モンスターです。

人魚のような形状をした青いロボットです。

このカードに限らず今回のストラクチャーデッキのモンスターは

どことなくコード・トーカー系とよく似た見た目のモンスターが多く

コード・トーカーの眷属である事が伺えます。

ラジエーターとは要するに冷却装置の事であり

コンピューターに限らず多くの機械部品にとって

熱による悪影響を防ぐために無くてはならない装置です。

アーマードコア・ネクサスだといいのを装備しないと大変な事になりますね

このカードもコード・トーカー達の冷却装置的な役割を担っているのでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスターを
「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。

①の効果は1ターンに1度、場のサイバース族モンスターを利用して

コード・トーカーと名の付くモンスターのリンク召喚をしようとする場合に

手札のこのカードも一緒にリンク素材に出来るというものです。

【サイバース族】であれば条件を満たすのは容易であり

積極的に手札のこのカードをリンク素材にする事が出来るでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として
手札・フィールドから墓地へ送られた場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは攻撃力が0になり、
効果は無効化される。
フィールドのこのカードを素材とした場合にはこの効果の対象を2体にできる。

②の効果は1ターンに1度、

コード・トーカーと名の付くモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合、

手札から素材になった場合は相手モンスター1体を、

フィールドから素材になった場合は相手モンスター2体までを

攻撃力を0にして効果を無効にするというものです。

何気にどちらも永続であり次のターン以降もこの効果の影響は残ったままです。

前述の通り2体を対象にしたい場合は①の効果とトレードオフになっている為

召喚権と相談して1体を対象とするか2体を対象とするか決める事になるでしょう。

特にシューティングコード・トーカーのサポートとして重宝する効果であり

シューティングコード・トーカーが戦闘破壊出来る対象を意図的に作り出せます。

2体の攻撃力を0にすれば相手に与えるダメージも相当なものになるでしょう。

場合によっては攻撃力を高めたサイバース・クロック・ドラゴンから

1ターンキル級のダメージを叩き出す為のサポートとしても活用できます。

 

 

サイバース族の中でも貴重なメインデッキに入る水属性モンスターの1体であり

このカード以外だと後はシーアーカイバーぐらいしかありません。

これは特にサイバネット・コーデックが発動中にシューティングコードを出した場合、

サーチする水属性の候補としてこのカードが重宝する事になるでしょう。

効果的からもサーチしてすぐさまリンク素材に活用しやすく都合がいいです。

コメント

  1. 匿名 より:

    >アーマードコア・ネクサスだといいのを装備しないと大変な事になりますね

    あぁ、あの爆熱仕様ですか(遠い目)

タイトルとURLをコピーしました