遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

新規カード以外では超電磁タートルやデストルドーあたりが注目処です。

いつもならストラクチャーデッキと相性の良さそうなカードの紹介でもするのですが

今回はサイバース族の強化という意味合いが強い為、

基本のサイバース族と組み合わせるのが王道となるでしょう。

強いて言えばシューティングコード・トーカーを始め攻撃力強化の恩恵が高い為、

それ用のカードを入れておくといいかもしれません。

サイバース族であれば一族の結束なども無理なく採用できますし。

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

 

サイバネット・コーデック
永続魔法
このカード名の効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
①:「コード・トーカー」モンスターがEXデッキから自分フィールドに特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ属性のサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
このターン、同じ属性のモンスターを
自分の「サイバネット・コーデック」の効果で手札に加える事はできない。
この効果の発動後、ターン終了時まで
自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

 

コード・トーカー及びサイバース族のサポートとなる永続魔法です。

ポリゴンフレーム状になった6属性のコード・トーカーが

サーキットを取り囲むように勢ぞろいしています。

コーデック(Codec)とは「Coder/Decoder」の略称で

データのエンコード(符号化)とデコード(符号)の双方向を行える

装置、またはそれをするソフトウェアなどの事を言います。

コード・トーカーに非常に関係性のある単語と言えるでしょう。

 

 

その効果は同一チェーン上に1度、

発動後サイバース族しかEXデッキから特殊召喚できなくなる代わりに

「コード・トーカー」と名の付くモンスターがEXデッキから特殊召喚された場合に

そのコード・トーカーと同じ属性のサイバース族をデッキから手札に加えるサーチ効果です。

ただしこの効果でサーチできるサイバース族は1ターンに1属性ずつとなります。

逆を言えば全て違う属性のコード・トーカーを特殊召喚できれば

最大で6枚ものサイバース族をこのカードでサーチする事が可能な事を意味します。

2枚程度サーチできるだけでも十分にアドバンテージを稼げる所ですが

6枚サーチする事が出来ればもうウハウハですね。

 

 

ただ実際問題としてサイバース族は地、光、闇の3属性が中心であり

火、水、風属性のサイバース族はそこまで層が厚くありません。

このカードを有効に使うつもりでしたらこの3属性のサイバース族は

意識してデッキに投入する必要があるでしょう。

火属性はデグレネード・バスター、水属性はコード・ラジエーター、

風属性はリンク・インフライヤーあたりが

手札から特殊召喚したり直接リンク素材になれたりする効果を持っており

この効果でサーチした直後にリンク素材にしやすくオススメです。

火属性のサイバース族は7月に転生炎獣がやってくるので

そちらの方をいくつか出張させるのも手かもしれません。

種類の多い地、光、闇のサイバース族は選択肢も豊富ですが

やはり手札から特殊召喚できる効果を持つカードが相性がいいです。

 

 

このカードの登場により素のコード・トーカーの価値が大きく上昇しました。

他のコード・トーカーよりも1つ少ない素材でリンク召喚が可能であり

何よりも自身を他のコード・トーカーの為の素材として活用しやすい為

サイバネット・コーデックを絡めたコンボに非常に効果的です。

素のコード・トーカーのリンク召喚をしつつマイクロ・コーダーをサーチ、

そのまま2体で別のコード・トーカーをリンク召喚というのは

このカードを使う上での基本的な動き方となってくるでしょう。

wikiの方では既にこのカードとコード・トーカーから

エクストラリンクを狙う方法が書かれていますので参照にするといいでしょう。

上記のコンボはエクストラデッキを13枚消費しますが

「さすがにそこまで消費するのはちょっと・・・」って場合でも

エンコード・トーカーのリンク召喚から

サイバネット・オプティマイズでサイバース・ガジェットを召喚するだけでも

十二分に強力な動きは可能です。

 

 

文句無しに強力なカードでありむしろ怖いぐらいの性能を持っています。

きっとプレイメーカーもこんな顔をしている事でしょう

新しい力を手に入れた今後のサイバース族及びコード・トーカーに注目です。

関連記事

遊戯王OCGテーマ考察:Kaiju(壊獣)”EXTRA PACK 2016″

2016年9月10日にEXTRA PACK 2016が発売されます。 コズモやバージェストマな

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)メンコート

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シンデレラ

装備魔法を使いまわせ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスターバンド・ギタースイート、トリックスター・フュージョン

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

遊戯王カード考察:影王デュークシェード 闇属性の上級なんでも回収

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察F.A.(フォーミュラアスリート)ウィップクロッサー 今の環境だと割と刺さるメタ

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,953,319 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑