遊戯王カード考察:星遺物の醒存(せいいぶつのせいぞん) クローラー以外でも十分使える

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

星遺物の醒存
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中に「クローラー」モンスターまたは「星遺物」カードがあった場合、
その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。
無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。
このカードの発動後、
ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

 

クローラー及び星遺物のサポートカードとなる通常魔法です。

星杯の戦士達との闘いの後なのでしょう。

破壊されボロボロになったクローラー達の中、

クローラー・スパインはまだその機能を失っておらずその身に光を宿しています。

 

恐らくはこのあと星遺物の交心においてアヴラム達と出会うのでしょう。

自分達をボロボロにした相手と心を通わせると考えるとこれまた熱いですね。

逆に戦ったからこそ何かが通じたのでしょうか。

こういうボロボロになりながらもまだ動くメカというのは

王道ながらも独特の恰好良さというか美しさがあって自分は好きです。

この気持ちが分かる人はきっと結構いると信じています。

 

 

その効果は1ターンに1度、デッキからカードを5枚めくり

その中に「クローラー」カードか「星遺物」カードが1枚でもあれば

どちらかに該当するカードを1枚選んで手札に加えて残りは墓地へ、

どちらも無かった場合は全てデッキに戻すというものです。

確実ではないものの墓地肥やしとドローソースを兼ねた効果であり

【クローラー】であればよほど関係ないカードを多数混ぜていない限りは

まず失敗する事はないでしょう。

ドロー効果もさることながら墓地にクローラーを送れる点も

クローラー・グリエやクローラー・ランヴィエの効果の補助としてありがたく

星遺物の交心が落ちれば墓地で効果を発動する事が可能です。

特に墓地の越えていない序盤において重宝するカードとなっています。

 

 

クローラーにとって優秀なカードではるのは勿論の事、

【星杯】や【ジャックナイツ】などのサポートカードも星遺物の名を冠しており

星遺物を巡る戦い星遺物を継ぐものなど汎用性の高い星遺物カードもある為

これらのカードを多く採用しているデッキであれば

クローラー以外でも有効に活用する事が出来るでしょう。

特に星遺物に蠢く罠の発動条件を満たすのに墓地肥やしが重宝します。

参考までにデッキ枚数が40枚として初手の5枚を除いた35枚の中に

星遺物カードが9枚あれば8割近い確率でこのカードの効果で星遺物を引けます。

ある程度星遺物カードを多めに投入すれば十分安定して狙えるでしょう。

特に今後【星遺物】とも言うべきデッキが組めるとしたら

クローラー同様にキーカードになりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました