星遺物(せいいぶつ)を巡る戦い:遊戯王カード考察  ほぼ亜空間物質転送装置の上位互換です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

星遺物を巡る戦い
速攻魔法
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体をエンドフェイズまで除外し、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力は、
このカードを発動するために除外したモンスターのそれぞれの元々の数値分ダウンする。

 

 

聖遺物カテゴリに属しますが効果自体は汎用の速攻魔法です。

 

星杯剣士アウラム星杯竜イムドゥーク

クローラー相手に大立ち回りをしています。

カード名もイラストも真っ当すぎて特に語る事がないです

 

 

その効果は自分の場の表側表示モンスターをエンドフェイズまで除外、

相手モンスター1体の攻撃力と守備力を

除外したモンスターの元々の数値分永続的に下げてしまうというものです。

言ってしまえば亜空間物質転送装置に

さらに弱体化効果のおまけまでついたというべきカードです。

速攻魔法である点も含めてほぼ亜空間物質転送装置の上位互換といっていいですが

発動条件の関係上相手の場に表側表示モンスターがいなければ発動できない為、

そういった状況で除去を撃たれた場合モンスターを逃がせられない弱点があります。

ついでに言えばその相手モンスターは対象に取れないといけません。

昨今は対象耐性持ちも増えているので気を付けましょう。

 

 

しかし亜空間物質転送装置に劣る点はそのぐらいでありあちらと同じように

サクリファイス・エスケープやEXモンスターゾーンの確保に使える他

さらに攻撃力守備力を変更するカードなのでコンバットトリックとしても活用可能です。

特にコンバットトリックとしてダメージステップに使える点は結構大きく

通常、相手の攻撃から亜空間物質転送装置でモンスターを守る場合だと

攻撃の巻き戻しが発生する故に別のモンスターやダイレクトアタックを狙われますが

ダメージステップで除外する事により攻撃の巻き戻しが発生せず、

そのまま相手の攻撃を1回無駄にする事ができます。

それに加えてさらに効果で相手モンスター1体の攻撃力を下げられる為

状況次第ではモンスター2体分の攻撃を防ぐことが可能です。

攻撃の回避に使う上では非常に有用なカードだと言えます。

 

 

下級アタッカークラスを除外するだけでも十分な弱体化が可能ですが

特に神獣王バルバロスと相性がよく攻撃力を3000に戻せるだけでなく

元々の攻撃力を参照に相手モンスターの弱体化をする為、

一気に3000もの攻撃力を下げる事が可能です。

同じことが星刻の効果で攻守0になったドラゴン族通常モンスターにも言え

青眼の白龍を除外すれば同じように攻撃力3000の弱体化が狙えます。

 

 

【不知火】あたりであれば除外して効果を発動しつつ

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロのエクシーズ召喚に繋げて

弱体化したモンスターを狙い撃ちするといった芸当も可能です。

 

 

亜空間物質転送装置を採用できるデッキであればこちらもほぼ採用できるでしょう。

両方とも採用して6枚体制にする選択肢もありますし

実に汎用性の高いカードだと思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。 また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

記事を読む

デスペラード・リボルバー・ドラゴン:遊戯王カード考察 コイントスを最大限に意識してます

11月11日に遊戯王シリーズの歴代デュエリスト達のリメイククカードを収録した 「デュエリストパ

記事を読む

ランカの蟲惑魔(こわくま):遊戯王カード考察  ほらほら、セットカード破壊してもいいんだよ?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:一騎加勢

クラッシュ・オブ・リベリオンの発売から結構時間も経っているので、 そろそろ新カードとは言えない

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:精霊獣使い(せいれいじゅうつかい) ウィンダ

ウィンダちゃんは自爆特攻を覚えた!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

遊戯王カード考察:屈強の釣り師(アングラップラー) 初の水属性戦士族チューナー、その効果はまさに釣り上げ

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

直通断線(シャットライン)、導爆線(どうばくせん):遊戯王カード考察  よりカードの位置に気を付ける環境に

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ヴァンパイア・スカージレット 使いやすい蘇生効果を持つ優等生吸血鬼

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・グリムゾン せっかくだから俺はこの赤の破壊耐性付与を選ぶぜ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・フロイライン 手札からポンと出てきて3000攻撃力ポンとくれたぜ(ライフコストいるけど)

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。 前回のあらすじ:ミラ

→もっと見る

    • 5,075,145 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑