遊戯王カード考察:星遺物-『星冠』(せいいぶつ せいかん) 場にいるだけでもいやらしい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

星遺物-『星冠』
効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2000/守2000
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
②:EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
③:通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 

 

5つめとなる新たなる星遺物です。

星盾と同じくレベル6でレベルが他の星遺物と被るのは今回が初めてです。

恐らく星遺物は上級、最上級で統一されているのでしょう。

紫色の冠が空中に浮かび上がっています。

背景にある森や湖からその大きさが感じられます。

冠というよりはもはや空中要塞といった感じですね。

 

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードはリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。

①の効果は1ターンに1度、リンクモンスターのリンク先に

手札から守備表示で特殊召喚する自己展開効果です。

とにかくリンクマーカーさえ用意できればいいので

ある程度リンク召喚を行うデッキであれば特殊召喚は難しくないでしょう。

特殊召喚をしてしまうと③の効果を発動できない点には注意です。

レベル6の中でも狙いやすい部類の特殊召喚効果なので

リンクモンスターを用意できるのであればランク6のエクシーズ素材にするのも手です。

 

 

②:EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

②の効果はEXデッキから特殊召喚されたモンスターの効果発動時、

このカードをリリースする事で発動を無効にして破壊するという無効化効果です。

EXデッキのモンスター限定となるもののそれらに除去を頼るデッキは多く

このカードが場にあれば相手の動きをかなり制限させられます。

ただこのカード自身のステータスはそれほど高くなく

戦闘破壊で対処されてしまうケースは覚悟しておきましょう。

 

 

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

③の効果は通常召喚したこのカードがリリースされた場合に

デッキから星遺物魔法罠1枚を手札に加えるサーチ効果です。

あくまで通常召喚した時限定であり

①の効果で特殊召喚した場合などには発動できないので注意です。

②の効果でリリースして発動を狙う事も出来ますが相手依存になる為、

弩弓部隊などで自分からリリースをしてもいいでしょう。

サーチする星遺物はデッキ次第ですが星遺物に眠る深層をサーチすれば

墓地のこのカードを蘇生させることも可能です。

 

 

②の効果による相手の動きの抑制がメインの使い方になってくると思いますが

上級モンスターとしては低めの攻撃力守備力が課題となるでしょうか。

逆に言えば星遺物-『星槍』の②の効果を活かしやすいカードであり

一緒に並べる事でよりいやらしい布陣を敷く事が可能です。

③の効果で出したトークンでアドバンス召喚する事も出来る為

そういう意味でも星槍とは相性がいいですね。

相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した際にチェーンして

星遺物に眠る深層などで蘇生をして妨害するのもいやらしいです。

 

 

これで残る星遺物も残り2つですね。

全部集まったらどんなラスボスが出てくるんでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました