遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・フィーア サイバー流に展開要員が増えました

スポンサーリンク

エイプリルフールです。

ヴレインズの公式サイトではAiがサイトを乗っ取っていたり

デュエルリンクスでは本田が大量出現していたりと遊戯王もはっちゃけてます。

 

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ドラゴン・フィーア
効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1100/守1600
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。
②:自分が「サイバー・ドラゴン」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの全ての「サイバー・ドラゴン」の攻撃力・守備力は500アップする。

 

 

サイバー流の新型となる光属性機械族のレベル4モンスターです。

薄い紫と白を基調としたサイバー・ドラゴンで

全体的に丸っこいフォルムで骨をイメージさせます。

フィーアというのはドイツ語で「4」の事で

ツヴァイ、ドライと続いて4体目のサイバー・ドラゴンという事でしょう。

 

 

①:このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。

①の効果はフィールドと墓地に存在する限り

サイバー・ドラゴンとして扱う名称変更効果です。

サイバー流のカードとしてはすっかりお馴染みとなっている効果で

各種サイバー・ドラゴンを素材とするモンスターの召喚に繋げられます。

サイバー・ドラゴンとして扱うカードはもうかなりの数になっており

守護神の矛なんかもさらに使い勝手が増すでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:自分が「サイバー・ドラゴン」の召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

サイバー・ドラゴンの召喚か特殊召喚に成功した場合に

手札から守備表示で特殊召喚できるという展開効果です。

サイバー流では多くのカードがフィールドでサイバー・ドラゴンとして扱われる為

条件を満たすのは容易でしょう。

特にサイバー・ドラゴン・ズィーガーのリンク召喚を狙う場合に重宝し

元祖サイバー・ドラゴンと合わせて召喚権なしで2体揃えたり

サイバー・ドラゴン・コアやサイバー・ドラゴン・ヘルツを召喚した後に出して

素早く墓地送りにできたりと色々と重宝します。

またサイバー・ドラゴン・ドライの召喚に合わせて特殊召喚すれば

あちらの効果で両方ともレベル5になる為、

サイバー・ドラゴン・ノヴァをはじめとするランク5のエクシーズ召喚に繋げられます。

 

 

③:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの全ての「サイバー・ドラゴン」の攻撃力・守備力は500アップする。

③の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間、

自分の場のサイバー・ドラゴンの攻撃力守備力を500アップさせる強化効果です。

あくまで「サイバー・ドラゴン」の攻撃力守備力を上げる効果であり

サイバー・ドラゴン・インフィニティなどの攻撃力は上がらない点には注意してください。

サイバー・ドラゴンの攻撃力2600に出来るのは中々馬鹿にできず

戦闘破壊出来る相手を飛躍的に増やす事が出来るでしょう。

またこのカードを複数展開出来ればその分だけ強化効果は重複します。

3体いればこのカードだけでも2600×3体となり

リミッター解除にも対応する事考えればこれもまた馬鹿になりません。

 

 

展開力にそれほど優れてるわけではないサイバー流にとって②の展開効果がありがたく

特に先行1ターン目など「相手の場にモンスターがいない状態」における

展開力を飛躍的に高めてくれる存在です。

そういう意味では出来るだけ初手に握っておきたいカードだと言えるでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    ノヴァインフィニティ召喚のためにNSするのはツヴァイじゃなくてドライですな

タイトルとURLをコピーしました