天空聖騎士(エンジェルパラディン)アークパーシアス:遊戯王カード考察  やっぱりパーシアスと言えば貫通効果

スポンサーリンク

9月23日に「ストラクチャーデッキ-閃光の波動-」のリメイクとなる

「ストラクチャーデッキR-神光の波動-」が発売されます。

今回紹介するのはその神光の波動よりこのカードです。

 

 

 

天空聖騎士アークパーシアス
効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2800/守2300
①:このカードが手札・墓地に存在し、自分がカウンター罠カードを発動した場合、
または自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合、
自分の手札・フィールド・墓地から
このカード以外の天使族モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
③:このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
デッキから「パーシアス」カードまたはカウンター罠カード1枚を手札に加える。

 

 

 

神聖騎士パーシアス、天空勇士ネオパーシアスに続く

3体目のパーシアスリメイクモンスターです。

今回のストラクチャーデッキが閃光の波動のリメイクである事を考えると

特に天空勇士ネオパーシアスをベースにしたリメイクモンスターと思われます。

 

神聖騎士パーシアスや天空勇士ネオパーシアスをベースにしつつ

下半身が彫刻のような巨大な顔になっています。

なんかデビルガンダム思い浮かべました

 

 

①の効果は

・自分がカウンタートラップを発動する

・自分がモンスター、魔法、罠のいずれかの発動を無効にする

このどちらかの条件を満たした場合に手札、フィールド、墓地から

天使族2体を除外する事で墓地か手札から特殊召喚するというものです。

天使族である事を考えると各種宣告者による無効効果や

豊穣のアルテミス、救済のレイヤード、解放のアリアドネを活用した

エンジェル・パーミッションを想定した特殊召喚条件なのでしょう。

コストとなる天使族2体は墓地から除外できるのが理想的であり

宣告者で無効化する為に送った天使族2体をコストにできれば無駄がありません。

さらに救済のレイヤードで除外した天使族2体を手札に戻せれば理想的です。

既に除外用のコストを確保できている場合、条件を満たすだけならば

強烈なはたき落としでも発動するのが一番手っ取り早いです。

 

 

②と③の効果は守備表示モンスター相手でも戦闘ダメージを与えるいわゆる貫通効果と

さらにダメージを与えた場合にデッキから「パーシアス」とつくカード、

もしくはカウンター罠を手札に加えられるというものです。

パーシアスお馴染みの貫通効果ですがダメージを与えた時に発動する効果が

ドローではなく特定のカードのサーチになっています。

攻撃力2800から放たれる貫通効果は優秀で

多くのケースにおいて戦闘ダメージからサーチ効果を発動できるでしょう。

解放のアリアドネと同じくデッキからカウンター罠をサーチする貴重な手段となります。

 

 

カウンター罠に関係するカードが多く収録された閃光の波動のリメイクだけあり

このカードもカウンター罠に密接に関係あるカードとなっています。

やはり【エンジェル・パーミッション】や 【宣告者パーミッション】でこそ

真価を発揮するカードだと言えるでしょう。

そんな上記2つのデッキにとって高い打点と貫通効果を活かしたメインアタッカー及び

カウンター罠のサーチ要員として活躍してくれる存在です。

 

 

自己召喚効果を持ったモンスターですが能動的に特殊召喚できるわけではない為、

神の居城-ヴァルハラによる手札からの特殊召喚も視野に入れておくといいでしょう。

光属性なのでフォトン・サンクチュアリからのアドバンス召喚も1つの手です。

 

 

もうこのカードからして今回のストラクチャーデッキ、

「カウンター罠を全面に押し出します」って主張してますね。

今は神の通告など強力なカウンター罠も目白押しなので

今回のストラクチャーデッキがどのように活躍するか戦々恐々です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました