天岩戸(アマノイワト):遊戯王カード考察  エスプリットと相性ばっちり!他にもフィールドに維持する手段あるよ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。

 

 

 

天岩戸
岩石族・スピリット・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1900/守1200
このカードは特殊召喚できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにスピリットモンスター以外のモンスターの効果を発動できない。
②:このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 

 

地属性岩石族のレベル4スピリットモンスターです。

10期初のスピリットモンスターとなります。

やはり他のスピリット同様に特殊召喚できない制約と

召喚、リバースしたターンのエンドフェイズに手札に戻る効果を持ちます。

中に鳥居の置かれた洞窟のある大きな岩山がそびえたっています。

モンスターよりもフィールド魔法と言った方が信じてもらえそうなイラストです。

天岩戸(アマノイワト)とは日本神話に登場する洞窟で

天照大神(アマテラス)がなんやかんやあってこの洞窟に引きこもます。

その結果世界は闇に閉ざされてしまい他の神々は世界に明かりを取り戻すために

アマテラスをなんとか外に出そうと四苦八苦する事になります。

要するにアマテラスお気に入りの引きこもりスポットです。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する限り

お互いにスピリット以外の効果を発動できなるというものです。

フィールドだけでなく手札や墓地からの効果発動を問答無用で封じるという

極めて強烈なロック効果ですが問題はこのカードがスピリットであるという点です。

召喚してもそのターンのエンドフェイズには手札に戻ってしまうので

そのままではこちらのターンに発動できる効果、

例えば破壊された時に発動する効果や手札誘発効果ぐらいしか妨害できません。

 

 

このカードが真価を発揮するのは相手ターンにも持続できるようにした場合です。

それを可能にするのが霊魂鳥神-彦孔雀霊魂鳥神-姫孔雀の存在です。

この2体の儀式スピリットは手札やデッキからスピリットを召喚条件無視で特殊召喚でき、

しかもスピリットの手札に戻る効果は召喚かリバースした場合のみなので

特殊召喚された天岩戸は手札に戻らすフィールドに残り続けます。

これで相手はこのカードをなんとかしない限りモンスター効果を発動できません。

攻撃力も1900と下級アタッカーラインはあるので

少なくとも下級モンスター相手にはそうそう倒される事もありません。

 

また禁じられた聖杯や八汰鏡を使う事でも手札に戻るのを回避可能です。

霊子エネルギー固定装置でも同じことが可能ですが手札コストなどを考えると

他のスピリットも手札に戻したくない場合以外は聖杯や八汰鏡を使う方がいいでしょう。

 

 

彦孔雀や姫孔雀の効果で特殊召喚するスピリットとしては文句無しに最有力候補です。

自分のモンスターもスピリット以外は効果発動を封じられる点を含めて

エスプリットの為にあるようなカードだと言えるでしょう。

デッキからぽんとこいつが出てくればそりゃもう相手からすれば阿鼻叫喚です。

相手も同じスピリットデッキだったというオチでない限りは

自分もスピリット大好きで正直エスプリットはそこまで弱いと思ってなかったんですが

いいんでしょうか、こんなカード貰っちゃって。

関連記事

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パンデミック・ドラゴン

フィールドに病原体を撒き散らせ!   今回紹介するのはTHE DARK SID

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:2017年現在まだ解明されていない謎はどれだけあるか?

皆様、あけましておめでとうございます。 2017年もこの考察好きニコ厨のMUGEN次元をよろし

記事を読む

遊戯王アークファイブ第122話『グローリー・オン・ジ・アカデミア!』感想

遊戯王ARC-V122話の感想です。 サンダースがBBを教育しなおそうとしましたが BB

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:同胞の絆

今回紹介するのはMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONよりこのカードです。 &

記事を読む

暗黒界の洗脳(あんこくかいのせんのう):遊戯王カード考察

ライコウ「何このマント・・・」   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)!デコード・トーカー!遊戯王新作のタイトルとエースモンスター発表!改ざんされたデータを元に戻す存在?

今年の春に新しく放映されると発表された遊戯王新作アニメ。 今まで主人公藤木遊作の情報やVR空間

記事を読む

遊戯王カード考察:X・HERO(エクストラヒーロー) ワンダー・ドライバー HEROリンクついに登場

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヒキャ-Q(ク)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    イラスト見てるとなんか人の顔のように見えますねぇ。
    フィールド魔法のように見えてもやっぱりモンスターか。

    しかしアマテラスと特に相性良い訳ではないのはちょっと気になった。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑