剣闘獣(グラディアルビースト)ノクシウス:遊戯王カード考察  負けパターンの対策手段として機能する剣闘獣のメイン盾

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

剣闘獣ノクシウス
効果モンスター
星5/闇属性/獣戦士族/攻   0/守1000
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、
その相手モンスターの攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。
このカードはその戦闘では破壊されない。
②:このカードが「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター1体を墓地へ送る。
③:このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に
このカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣ノクシウス」以外の「剣闘獣」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

グラディアルビーストの新しい仲間となる闇属性獣戦士族のレベル5モンスターです。

アークファイブにおいてBBが使用したカードであり

その効果でEMパラライノのダイレクトアタックを防ぎつつ

ダンスしたりスプラトゥーンしたりしてました。

 

爪を武器にする豹型のグラディアルビーストです。

名前の由来は罪人を意味するノウシウスからでしょう。

剣闘獣は古代ローマの剣闘士がモチーフになっていますが

罪人の公開処刑として闘技場が使われる事もあり

罪人同士で戦わせる、猛獣と戦わせる、剣闘士と戦わせるなど

様々な手段で罪人を闘技場で無理やり戦わせていました。

でもこのモンスターは罪人モチーフの割には結構立派な装備してますし

本人もいかにもやる気満々と言った感じの勇ましい風貌をしています。

 

 

①の効果は1ターンに1度、相手が直接攻撃してきた時に手札から特殊召喚し

相手モンスターの攻撃をこのカードに移し替えた上で戦闘させるというものです。

さらにこの戦闘でこのモンスターが破壊される事はありません。

1度は破壊されない為、2回分の壁として運用する事が出来ますが

③の効果に繋げる事を意識するなら出来るだけ

このカードが破壊されない状況で発動したい所です。

 

 

②の効果は剣闘獣の効果で特殊召喚に成功した場合に

デッキから剣闘獣1体を墓地に送る墓地肥やし効果です。

剣闘獣ではお馴染みとなった発動条件の効果であり

剣闘獣ダリウス、剣闘獣エクイテが墓地の剣闘獣を利用する効果を持っている為、

これらの効果を発動する為の布石として利用できます。

このカードの①の効果も「剣闘獣の効果による特殊召喚」であり

相手の直接攻撃に反応して特殊召喚し、そのままこの効果で墓地肥やしを狙えます。

 

 

③の効果は戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に

自身を手札に戻す事で違うカードの剣闘獣をデッキから特殊召喚する

剣闘獣の代名詞とも言える効果です。

このカードの攻撃力は0であり基本的には①から繋げるのが前提となりますが

和睦の使者などで戦闘破壊耐性を付与した場合には

自分から攻撃して効果を発動する事も可能です。

②の効果で墓地に剣闘獣を送る事が出来ているのであれば

この効果でダリウスやエクイテを特殊召喚して墓地の剣闘獣を利用可能です。

 

 

剣闘獣の中でも直接攻撃に対する対策手段を持った貴重なカードです。

そもそも剣闘獣は戦闘を介する事でデュエルを制していくデッキであり

フィールドにモンスターを絶やさないようにするのが基本となります。

このカードが活きる状況というのは例を挙げれば

・フィールドの剣闘獣を全滅させられて追い詰められた状態

・そもそも手札が事故ってろくに盤面を構築できなかった状態

・直接攻撃持ちのモンスターを出されて場の剣闘獣を無視される状態

といういずれも剣闘獣にとって敗北に直結する相当にピンチな状況です。

そんな中このカードはその追い詰められた状況で出せる手段の1つであり

上手く②や③の効果を発動できれば1枚で状況を打開できる可能性を秘めています。

基本的にピンチの状態でしか出せませんが

そのピンチの状態であれば非常にありがたいカードだと言えるでしょう。

 

 

相手がこのカードを警戒している場合、

あえて直接攻撃可能なモンスター1体を攻撃させないという状況も出てくると思います。

それは逆に言えば実際にこのカードが手元になくとも

相手が警戒してくれて直接攻撃を中止してくれる場合もあるという事です。

カードプールとして存在するだけでも意味のあるカードだと言えるでしょう。

サーチ手段は豊富でありピン挿しであっても手札に持ってくる事は容易ですが

デッキや墓地から直接このカードを持ってきた場合は相手にもそれが伝わってしまいます。

手札から特殊召喚する奇襲性を失わせたくないのであれば

3枚積みして直接サーチはせずに自然にドローするのを待つのも選択肢の1つです。

 

 

ちなみに直接攻撃に反応して特殊召喚できる5レベルモンスターとして

ランク5のエクシーズ召喚を狙うデッキであれば【剣闘獣】デッキ以外でも採用が見込めます。

同じくレベル5の手札誘発モンスターとしてはアーティファクト-ヴァジュラがありますが

あっちは特殊召喚すると自分の魔法罠を破壊してしまう為

アーティファクト以外であればこちらの方が使いやすいでしょう。

攻撃力が0なのでダイナミスト・ブラキオンとの相性も良好です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ワンダー・エクシーズ

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第92話『悲運の再会』感想

遊戯王ARC-V92話の感想です。 もうタイトルからして不穏な気配しかしませんね。 つい

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第18話『胸に刻まれた傷』感想

遊戯王ヴレインズ18話の感想です。 ついにSOL社データバンクの中枢にたどり着いたプレイメーカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:素良や黒咲など「色」を表す人物について

久しぶりにアニメの考察でもしようかと思います。   遊戯王ARC-Vにおいて紫

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械魔神(アンティーク・ギア・デビル)

出しやすい上にいやらしい!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第47話『帰って来たPlaymaker』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。 前回のあらすじ:第一部完!大トリはデコード・トーカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第104話『「D」の名を持つHERO』感想

遊戯王アークファイブ104話の感想です。 ついに融合次元において榊遊勝と再開した柊柚子。

記事を読む

副話術士クララ&ルーシカ:遊戯王カード考察 ワンダー・ワンドを始め色々と使い道あります

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古聖戴(こせいてん)サウラヴィス、精霊の祝福

手札誘発効果持ちの儀式モンスター!   いよいよ本日、インベイジョン・オブ・ヴ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,561,778 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑