DDD超死偉王(ちょうしいおう)ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察 思った以上に出しやすいですこいつ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

 

 

 

DDD超死偉王ホワイテスト・ヘル・アーマゲドン
シンクロ・ペンデュラム・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3500/守3000
【Pスケール:青1/赤1】
①:1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に
自分フィールドの「DDD」Sモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊し、
破壊したモンスターの数×1000ダメージを相手に与える。
【モンスター効果】
「DD」チューナー+チューナー以外の「DDD」モンスター1体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドのモンスターを相手は効果の対象にできない。
②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのPモンスター1体を選ぶ。
そのモンスター以外の相手フィールドのモンスターの効果は無効化される。
③:モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。
このカードを自分のPゾーンに置く。

 

 

ブラック企業「ディファレント・ディメンション社」シンクロ課のCEOです。

シンクロ・ペンデュラムモンスターとしては通算4体目となります。

アークファイブにおいて赤馬零児が榊遊矢戦で使用したカードで

DDDシンクロの効果でDDD死偉王ヘル・アーマゲドンを素材にシンクロ召喚、

その効果により遊矢に「どのモンスター効果を残すか」という選択を問いかけました。

他の2つの超死偉王と違い最後まで効果が判明しませんでしたが

クリアウィング・シンクロ・ドラゴンの効果で無効化されてない所を見ると

恐らく発動するタイプの効果ではなくルール介入型の効果の類だったと思われます。

 

ヘル・アーマゲドンが白と金を基調とするカラーになり

また分離した腕や黄金のリングが特徴的です。

なんとなく5D’sのZ-ONEを意識した感じのデザインです。

名前のホワイテストはシンクロを表す色の他ホワイト企業ともかけていると思われます。

ホワイト企業とはブラック企業の対義となる社員に対する待遇がよい企業の事ですが

嘘を言うなっ!

 

 

シンクロ素材にはチューナーのDDとチューナー以外のDDDを要求します。

最も簡単なのはDDナイト・ハウリングの効果で

レベル7のDDDを墓地から蘇生してしまう事です。

特にペンデュラムではないDDD制覇王カイゼルやDDD覇龍王ペンドラゴンが

墓地から蘇生させるDDDとして使いやすいでしょう。

 

 

 

モンスター効果は3つあります。

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間

自分のモンスター全てに対象耐性を付与するというものです。

実質このカード自身も対象耐性持ちの3500打点として運用できるので

中々の場持ちの良さを発揮してくれます。難易度は高いですが

DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドンと一緒に並べる事ができれば

さらに強固な布陣を敷く事ができるでしょう。

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する状態で

他のモンスターが召喚や特殊召喚された場合に発動、

相手は自分のペンデュラムモンスター1体を選択、

選択したペンデュラム以外の相手モンスター効果を全て無効にするというものです。

アニメと違い「選び直す」というわけではないので一度無効にしたモンスター効果は

そのままずっと無効化が継続されます。

相手がペンデュラムを持っていない場合の裁定はまだ未定ですが

発動条件に相手のペンデュラムの有無が関係ない所を考えると、

恐らくその場合は全ての相手モンスター効果を無効にできるのではと考えています。

もしそうであればペンデュラムデッキ以外が相手であれば

実質的にフィールドにいるだけで場にいる全ての相手モンスター効果を無効に出来る

非常に強力な効果だと言えるでしょう。

①の効果と合わせてモンスター効果を無効にされた状態で

対象耐性持ちのこのカードを相手は突破しなければいけません。

 

③の効果はモンスターゾーンで破壊された場合に

ペンデュラムゾーンへ移動するというものです。

細部こそ多少違いますがシンクロペンデュラムモンスターは

例外なくこの効果を持っておりすっかりお馴染みな効果と言えるでしょう。

これにより破壊されてもペンデュラムカードとして活用が可能です。

 

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に

自分のモンスターゾーンにいるDDDシンクロ1体を選択、

選択したモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ相手モンスターを全て破壊して

その数×1000のダメージを与えるというものです。

発動にシンクロを場に出している必要がありさらに相手依存な関係上、

実際に発動する機会はほとんどないと思われますが

攻撃の抑制としては十分に機能します。

特に2体目以降のホワイテスト・ヘル・アーマゲドンを出す事が出来れば

モンスター効果は無効、対象耐性も不可能で戦闘による突破も困難という

かなりいやらしい布陣を敷く事が可能です。

ただしリンクモンスターに対しては影響がないので注意しましょう。

 

 

思った以上にやばいんじゃないかなこいつ

レベル7のDDDをデッキに採用する必要があり

さらにそれを墓地に送る準備こそ必要ですが

ナイトハウリング1枚からこのカードをシンクロ召喚する事が可能です。

3500打点の対象耐性持ち、

おまけに少し特殊とはいえ相手モンスター効果も無効に出来て

破壊されてもペンデュラムカードとして他のDDDシンクロをサポート可能と

手札1枚から出せるカードとしては破格と言っていいスペックです。

ダーク・バーストなどでナイトハウリングを使いまわし

繰り返しこのカードのシンクロ召喚を狙うだけでも相手には脅威となるでしょう。

特化した構築であれば召喚難易度はかなり低く、

出しやすさと強さが非常に高いレベルでまとまった1枚です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:古代の機械要塞(アンティーク・ギアフォートレス)

アンティーク・ギアの耐性を大きく強化!   今回紹介するのはストラクチャーデッ

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ミノタウロス:遊戯王カード考察  地味ながらもいるとかなり助かるいぶし銀的存在!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第131話『常闇に射す光』感想

遊戯王ARC-V131話の感想です。 エドとカイトが倒れながらも2人の想いを受け継ぎ 暴

記事を読む

トレジャー・パンダー:遊戯王カード考察 除外コストの許す限り何体でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・デュエリストよりこのカードです。    

記事を読む

エクスコード・トーカー:遊戯王カード考察  今度のコード・トーカーはメインモンスターゾーン向き

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリボーン

「クリボー」ついにカテゴリ化!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ-武藤

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッドアイズ・インサイト

レッドアイズに超朗報   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王魂調和(おうごんちょうわ)

発動さえ出来れば非常に優秀!     今回紹介するのはPREM

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,252 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑