無償交換(リコール):遊戯王カード考察  モンスター効果版魔宮の賄賂!シンプルで使いやすくて強い!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

無償交換
カウンター罠
①:相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
相手はデッキから1枚ドローする。

 

 

汎用のカウンター罠です。

イラストでは成金ゴブリンが店主のゴブリンにクレームをしています。

この店主、一点買いのイラストにも登場しており

その時に成金ゴブリンはこの店主から強欲で謙虚の壺を購入しています。

どうやら取っ手の部分が取れてしまったようでそれに対する文句のようで

それに対する店主の対応は「いやーすまないねー」と感じに謝罪、

代わりとして強欲で貪欲な壺と交換する事で手を打つ感じのようです。

ちなみにこの成金ゴブリンは「差し戻し」のカードで

同じように不良品を客に渡しており自分がクレームを受けています。

 

 

その効果は相手がモンスターの効果を発動した時にそれを無効にして破壊、

そして相手に1枚ドローさせるというものです。

言ってしまえば魔宮の賄賂のモンスター効果版です。

相手に1枚ドローさせるのは決して軽くないデメリットですが

昨今の遊戯王においては1枚どころじゃないアドを生み出す効果も多く

1枚ドローしてでもそれを無効にして破壊するべき状況は多く

展開の妨害としても利用しやすい事から高い汎用性を持つ効果と言えます。

豊穣のアルテミスや冥王竜ヴァンダルギオンなどを主軸にした

【パーミッション】デッキでは新しい汎用性の高いカウンター罠として

大いに有効活用できる事でしょう。

 

 

同じく相手のモンスター効果の発動を無効にカウンター罠として

神の通告や天罰が存在します。

ライフコストに余裕のあるデッキであれば神の通告を、

手札コストを手軽に用意できるのであれば天罰を、

そのどちらの余裕も無さそうなデッキであれば無償交換をと

デッキに合わせてどれを採用するか使い分けるといいでしょう。

3枚のカードの中ではこのカードが一番状況を選ばずに発動できる為、

神の通告や天罰を合わせて採用する選択肢も大いにアリです。

解放のアリアドネで神の通告、天罰、無償交換をそれぞれ選択すれば

相手が何を選んでもモンスター効果に対するメタを用意する事が可能です。

ただし他の2つと違い相手にドローさせてしまう効果はコストではない為、

解放のアリアドネのP効果適用中でも相手にアドを与えてしまう点には注意です。

 

 

それにしても成金ゴブリンは本当に様々なカードに登場していますね。

個人的にも成金ゴブリンは愛着があるので今後も色々なカードに登場して欲しいです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ヒグルミ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:暗黒騎士ガイアロード

簡単に手札から出せるレベル7!   今回紹介するのは劇場版 遊☆戯☆王 THE

記事を読む

巨大要塞ゼロス:遊戯王カード考察

ヴァー   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

記事を読む

十二獣(じゅうにしし)クックル:遊戯王カード考察

こいつ素材にした十二獣エクシーズ結構厄介なんです   今回紹介するのはマキシマ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・ミスリエル

これでメタルフォーゼ融合も勢ぞろい   インベイジョン・オブ・ヴェノムの収録カ

記事を読む

遊戯王カード考察:R・R・R(レイド・ラプターズ・レプリカ)

今度の展開手段は特殊召喚に制約がないぞ!   今回紹介するのはプレミアムパック

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)ハットトリッカー

エンタメイジ、アークファイブでも非常に印象深いテーマであり、 個人的に今回一番気になっているテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RUM(ランクアップマジック)-デス・ダブル・フォース

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-涙雨のチドリ

ブラックフェザーの高打点担当!   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,201,128 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑