バックアップ・セクレタリー、スタック・リバイバー:遊戯王カード考察  サイバース族の展開力に大きく貢献してくれます

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

スタック・リバイバー
効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 100/守 600
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
①:このカードを素材としてリンク召喚した場合、
このカード以外の自分の墓地の、
そのリンク召喚の素材としたレベル4以下の
サイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

レベル2の闇属性サイバース族です。

2本のマニピューレーターと縦長の瞳がキュートな白いロボットです。

体の横に挿さってる透明な基盤からデータを取り出してくれるのでしょう。

スタックとはコンピューター用語の1つで

後入れ先出しでデータを保存するデータ構造の1つです。

後入れ先出しという言葉だけではピン来ない人もいるかと思いますが

簡単に言えば「後から入れたものを先に取り出す」構造の事です。

皿を順番に積み上げていき上から取っていくのをイメージすれば分かりやすいです。

データもそうやって上に積み上げていき上から取っていくよって事ですね。

それをリバイブ(復活)する者という事で

データを復活させる存在という意味でしょう。

コンピューター用語なので恐らく遊作が使うモンスターだと思われます。

 

 

その効果はデュエル中に1度、このカードを素材にリンク召喚した場合に

一緒にリンク素材になったレベル4以下のサイバース族1体を

墓地から守備表示で蘇生させるというものです。

デュエル中に1度という制約がついているだけあり

リンク素材に使用したモンスターを即座に場に戻せる優秀な効果です。

リンク召喚したリンクモンスターと一緒に合わせて

そのままもう1つ上のLINKを持つカードをリンク召喚してもいいでしょう。

レベル4以下とレベルを指定している為、

レベルを持たないリンクモンスターは蘇生できない点には注意が必要です。

 

 

ビットロンに続くレベル2のサイバース族というのも見逃せないポイントです。

サイバース・ガジェットの効果による蘇生に対応しているので

そのままサイバース・ガジェットとスタック・リバイバー両方の効果を発動すれば

LINK-4のリンク召喚までサイバース・ガジェット1枚から狙えます。

1度しか発動できないのでとりあえず1枚だけ採用しとくといいでしょう。

 

 

 

せっかくなので今回はもう1枚カードを紹介したいと思います。

 

バックアップ・セクレタリー
効果モンスター
星3/光属性/サイバース族/攻1200/守 800
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
②:自分フィールドにサイバース族モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 

レベル3光属性のサイバース族モンスターです。

背後に伸びた2本のケーブル、いかにも様々な機能がありそうなゴーグル、

恐らくはデータの詰まった透明なケースを書類のように持っていたりと

これでもかとサイバーなイメージを漂わせる女の子モンスターです。

露出度は低めですがほとんど透明なスカートが中々攻めてます。

バックアップとはコンピューター用語の1つで

データやプログラムが破損、もしくは紛失してしまった場合に備えて

あらかじめそのデータのコピーを作っておき別の場所に保管する事です。

皆さんも大事なデータがある場合はちゃんとバックアップを取っておきましょう。

セクレタリーは秘書や書記の事なのでこのモンスターは

バックアップしたデータを管理する役割を持っているのでしょう。

恐らくは遊作の使うカードだと思われるので

遊戯王VRAINSを代表する女の子モンスターである可能性が高いです。

アニメでの活躍に期待したい所ですね。

 

 

その効果は1ターンに1度、自分の場にサイバース族が存在していれば

手札から特殊召喚できるというものです。

非常に条件が緩くサイバース族主体のデッキであれば簡単に出せるので

手軽に展開できるカードとして重宝します。

リンクスレイヤーと合わせれば召喚権を使わずに手札から2枚出せるので

そこからさらにサイバース・ガジェットを召喚して展開していく事も出来ます。

 

 

 

どちらのカードも【サイバース族】における展開を手助けしてくれるものです。

まだサイバース族関連のサポートカードは多くありませんが

今後サイバース族である事の意義のあるカードが増えてきた場合、

その価値を増していく存在となっていくでしょう。

というか既に一族の結束軸で組んでも大丈夫なレベルで展開力あります。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第6話『アイドル!!ブルーエンジェル』感想

遊戯王ヴレインズ第6話の感想です。 翔一ポエムな次回予告で紹介された複雑な兄妹関係。 兄

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:大欲な壺

もう除外ゾーンは安全ではない   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DDオルトロス、DDD呪血王(じゅけつおう)サイフリート

とうとう待ちに待ったモンスターハンターXの発売日です! 自分はメインは弓を使っていますが大剣エ

記事を読む

究極伝導恐獣(アルティメットコンダクターティラノ):遊戯王カード考察

さあ恐竜族の時代がやってきた!   2月25日に「ストラクチャーデッキ-恐竜の

記事を読む

覇王門零(はおうもんゼロ):遊戯王カード考察

レベル1ペンデュラムを愛用している人達へ・・・   今回紹介するのはマキシマム

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜魔王ベクターP(ペンデュラム)

とうとう今日ディメンション・オブ・カオスの発売ですね! 皆さんにとってのお目当てのカードは何で

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:命削りの宝札

今回紹介するのは「MILLENNIUM PACK」よりこのカードです。   &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
サイバネット・バックドア:遊戯王カード考察 サイバース族用強化版亜空間物質転送装置!

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。 &nbs

【オルターガイスト】:遊戯王テーマ考察  罠カードメイン低速メタビート!いやらしく相手を妨害していこう

遊戯王VRAINSにおいて財前晃とちょっと大人な関係を匂わせつつ

拮抗勝負(きっこうしょうぶ):遊戯王カード考察  大量展開にきっついオシオキを

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第7話『ハノイの天使』感想

遊戯王ヴレインズ第7話の感想です。 プレイメーカーとブルーエンジ

ダックドロッパー:遊戯王カード考察  相手にダイレクトアタックを強要しつつ自分は高い耐性で身を隠す!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,384,911 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑