戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!

 

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。

 

 

 

戒めの龍
特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2600
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、1000LP払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、
お互いの墓地のカード及び表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

 

 

裁きの龍のリメイク・・・というか闇堕ち版モンスターです。

レベルや攻撃力守備力は裁きの龍と一緒ですが属性が光から闇になっています。

 

裁きの龍と比較すると全体的に体が黒くなっている以外はそれほど変化がないですね。

背景もよく似ていますが黄昏時になっています。

 

 

特殊召喚モンスターであり除外されているライトロードが4枚以上の時に

手札から特殊召喚が可能となっています。

基本的に墓地からライトロードを落としてから除外する事になるため

元の裁きの龍よりもやや特殊召喚に手間がかかりますが

妖精伝姫-シラユキなどを使えば条件を満たす事はそれほど難しくないでしょう。

またこのカードと同時に闇属性のトワイライトロードが収録されており

闇の誘惑で手札から除外する事でより効率的に召喚条件を満たしやすくなります。

 

 

①の効果は1ターンに1度、ライフを1000払う事で

ライトロードモンスター以外のお互いの墓地と

表側表示で除外されているカードを全てデッキに戻すフリーチェーン効果です。

フィールドのカードを一掃する裁きの龍の効果に対し

墓地や除外ゾーンのカードを一掃する戒めの龍とうまい具合に対比しています。

墓地メタとしては最高峰の性能でありインフェルノイドなど

墓地依存度の高いデッキが相手の場合この効果の発動に成功しただけで

大勢がつくケースも珍しくないでしょう。

しかもフリーチェーンで発動可能なのも強力であり

展開に墓地のカードを利用する必要のあるデッキが相手であれば

このカードがいるだけで動きを阻害されてしまいます。

また除外した魔法罠をデッキに戻して再利用できる中々貴重なカードであり

妨げられた壊獣の眠りなど墓地から除外して発動する魔法罠を

デッキに戻す事で再利用が可能です。

ライトロードにとってはデッキ切れの防止としても重宝するでしょう。

墓地から除外する事で効果を発動するカードは昨今非常に豊富にある反面、

それ故にこの効果で相手の除外したカードを再利用させてしまうケースも多いです。

場合によっては相手に塩を送る結果にもなりかねないので注意しましょう。

 

 

②の効果は1ターンに1度、ライトロードの効果が発動した場合に

デッキからカードを4枚墓地へ送る強制効果です。

こちらの効果もエンドフェイズ時にデッキから墓地へ送る裁きの龍と

丁度対比になった効果となっています。

発動条件にライトロードが必要な為にやや墓地が肥やしにくくなっていますが

条件を満たす事自体は簡単であり墓地肥やしとして十分に信頼可能です。

 

 

文句なしに切り札です

裁きの龍同様に非常に豪快な効果を持っており

墓地を利用するデッキがほとんどである現在の環境であれば

3000打点も相まって強力な制圧力を持つカードとして活躍が可能です。

裁きの龍に並ぶライトロードの新しい切り札として活躍できるでしょう。

その裁きの龍と組わせればフィールドと墓地の両方を一掃可能であり

相手の立て直しは非常に難しくなるでしょう。

唯一耐性の類を持っていない為に場持ち自体はよくない点には注意です。

 

 

ライトロードはかなり昔から存在するテーマですが

毎度少しずつ新カードが登場し続けているテーマでもあります。

9期になっても大会で成績を残し続けているテーマであり

本当に息が長いテーマですね。

関連記事

遊戯王OCG、2017年7月の制限改定判明!あのカードがとうとう2枚入れられる時代に!

2017年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールになってから2回目の

記事を読む

『破壊』と『無効にして破壊』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、ちゃんと無効にしないと発動は防げません

前回に引き続き遊戯王の複雑なルール、通称「コンマイ語」の解説第2回です。 特にデュエルリンクス

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械飛竜(アンティーク・ギアワイバーン)

アンティーク・ギアなら何でもサーチ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:王者の調和(キングス・シンクロ)

大型シンクロで奇襲しろ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)シノビ-A・C(ア・シー)

意外と超重武者以外でも使えるぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:超量(ちょうりょう)

ウィング・レイダーズはユートと黒咲の使うカードが多数収録されていますが それとは別にまったく新

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影剣(ファントム・ソード)、幻影翼(ファントム・ウィング)

もうすぐウィング・レイダーズも発売です。 フラゲ情報も出てきたみたいですね。 今回紹介す

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の武士(もののふ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
アロマセラフィ-ジャスミン:遊戯王カード考察  アロマだけでなく植物族全般で有用

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第23話『ゲノムの巨人』感想

遊戯王ヴレインズ23話の感想です。 アザナー状態になったマコトの

彼岸の黒天使 ケルビーニ:遊戯王カード考察 彼岸だけでなくレベル3メイン全般で有用!

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

水晶機巧(クリストロン)-ハリファイバー:遊戯王カード考察 アクセルシンクロの救世主、むしろもっとやばい何か

11月25日に既存OCGテーマ用のリンクモンスターを収録したパック、

おジャマ改造:遊戯王カード考察 このカード1枚で3体特殊召喚して1枚ドロー、デッキさえ組めれば

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,717,461 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑