シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!

 

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEよりこのカードです。

 

 

 

シューティング・ソニック
速攻魔法
①:自分フィールドの「スターダスト」Sモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のSモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップ開始時にその相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
②:自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが
効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

スターダスト・ドラゴンの攻撃名と同じカード名を持つ

いわゆる必殺技カードの一種となる速攻魔法です。

 

スターダスト・ドラゴンが口から白いブレスを吐いています。

やはり口からブレスというのはドラゴンの象徴とも言える攻撃ですね。

 

 

①の効果は自分の場の「スターダスト」と名の付くシンクロ1体を選択、

そのターンの間選択したモンスターがモンスターと戦闘をするダメステ開始時に

その相手モンスターをデッキに戻してしまうデッキバウンス効果です。

戦闘を介する必要がありますが対象に取らない強力な除去手段であり

戦闘破壊耐性と対象耐性を合わせ持つモンスターが増えている現在の環境では

そういったモンスターを突破する重要な手段となります。

特にスターダスト・チャージ・ウォリアーとの相性が抜群であり

特殊召喚されたモンスター全てを戦闘を介してデッキバウンス可能です。

また速攻魔法なので伏せておけば疑似的なコンバットトリックとしても使えます。

スターダスト・ドラゴンは戦闘破壊で突破してくる相手も多い為、

保険としてこのカードを伏せておくのは1つの選択肢だと言えるでしょう。

スターダストドラゴンの効果で伏せたこのカードを守れますし。

 

 

②の効果は自分の場の「スターダスト」と名の付くシンクロ1体が

自身をリリースして発動する効果を使う場合、

墓地のこのカードを除外する事でリリースの代わりにできるというものです。

自信をリリースして発動する効果を持つスターダストは

スターダスト・ドラゴンとスターダスト・ウォリアーの2種類が存在しており

前者は破壊効果を無効にでき、後者は特殊召喚を無効にする効果を持っています。

スターダスト・ドラゴン/バスターはシンクロではないので残念ながら対象外です。

どちらもリリースしたターンのエンドフェイズに帰還する効果を持っていますが

基本的に無効に出来るのは1ターンに1度のみとなります。

このカードはその無効効果を1ターンに複数回発動可能にしており

特にスターダスト・ウォリアーで特殊召喚を複数回無効に出来るのは

相手の展開を妨害するのに大きな意味を持ちます。

墓地に存在する必要があるため公開情報にはなりますが

だからといって特殊召喚せずに立ち回りをするのも難しい話であり

相手としては嫌でも特殊召喚せざるを得ないケースも多いでしょう。

 

 

①の効果はスターダスト・チャージ・ウォリアーを、

②の効果はスターダスト・ウォリアーをそれぞれ協力にサポートしてくれます。

理想はどちらのシンクロ召喚も狙えるデッキで両方の効果を狙う事ですが

どちらか片方を活かすだけでも十分に採用する価値はあるでしょう。

特にスターダスト・チャージ・ウォリアーは汎用のレベル6シンクロであり

レベル6シンクロを積極的に狙えるデッキであれば採用してもいいと思います。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:王魂調和(おうごんちょうわ)

発動さえ出来れば非常に優秀!     今回紹介するのはPREM

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ペイン・レイニアス、RR-アベンジ・ヴァルチャー

「この痛みだ・・・この痛みこそが俺を本気にさせる!」   今回紹介するのはシャ

記事を読む

コード・トーカー:遊戯王カード考察

9月9日から各種店舗においてカードが貰える リンクモンスターGETキャンペーンが開催されます。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アークブレイブドラゴン

対ペンデュラム決戦兵器!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-巨神竜復

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:奇術王 ムーン・スター

エクシーズ召喚に使ってもいいぞ!   バレンタインデーですね。 今回紹介

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダークエンジェル

手札から送り付けるだけで魔法封じ!   本日8月6日にデステニー・ソルジャーズ

記事を読む

【トリックスター】:遊戯王テーマ考察  遊戯王VRAINSのヒロインが使うテーマは相当エグいぞこれ・・・

今年春から始まる新作アニメ、遊戯王VRAINS(ヴレインズ) 主人公の藤木遊作がサイバース族の

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:絶滅の定め(Extinction on Schedule)

条件は厳しいがさて・・・   今回紹介するのはEXTRA PACK 2016よ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

サイバース・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?とりあえずスターターデッキ2017は欲しい所

今日6月17日、サイバース・リンクがいよいよ発売です。 収録されているカードはこんな感じです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきま

→もっと見る

    • 4,628,810 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑