シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!

 

今回紹介するのは20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEよりこのカードです。

 

 

 

シューティング・ソニック
速攻魔法
①:自分フィールドの「スターダスト」Sモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のSモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップ開始時にその相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
②:自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが
効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

 

スターダスト・ドラゴンの攻撃名と同じカード名を持つ

いわゆる必殺技カードの一種となる速攻魔法です。

 

スターダスト・ドラゴンが口から白いブレスを吐いています。

やはり口からブレスというのはドラゴンの象徴とも言える攻撃ですね。

 

 

①の効果は自分の場の「スターダスト」と名の付くシンクロ1体を選択、

そのターンの間選択したモンスターがモンスターと戦闘をするダメステ開始時に

その相手モンスターをデッキに戻してしまうデッキバウンス効果です。

戦闘を介する必要がありますが対象に取らない強力な除去手段であり

戦闘破壊耐性と対象耐性を合わせ持つモンスターが増えている現在の環境では

そういったモンスターを突破する重要な手段となります。

特にスターダスト・チャージ・ウォリアーとの相性が抜群であり

特殊召喚されたモンスター全てを戦闘を介してデッキバウンス可能です。

また速攻魔法なので伏せておけば疑似的なコンバットトリックとしても使えます。

スターダスト・ドラゴンは戦闘破壊で突破してくる相手も多い為、

保険としてこのカードを伏せておくのは1つの選択肢だと言えるでしょう。

スターダストドラゴンの効果で伏せたこのカードを守れますし。

 

 

②の効果は自分の場の「スターダスト」と名の付くシンクロ1体が

自身をリリースして発動する効果を使う場合、

墓地のこのカードを除外する事でリリースの代わりにできるというものです。

自信をリリースして発動する効果を持つスターダストは

スターダスト・ドラゴンとスターダスト・ウォリアーの2種類が存在しており

前者は破壊効果を無効にでき、後者は特殊召喚を無効にする効果を持っています。

スターダスト・ドラゴン/バスターはシンクロではないので残念ながら対象外です。

どちらもリリースしたターンのエンドフェイズに帰還する効果を持っていますが

基本的に無効に出来るのは1ターンに1度のみとなります。

このカードはその無効効果を1ターンに複数回発動可能にしており

特にスターダスト・ウォリアーで特殊召喚を複数回無効に出来るのは

相手の展開を妨害するのに大きな意味を持ちます。

墓地に存在する必要があるため公開情報にはなりますが

だからといって特殊召喚せずに立ち回りをするのも難しい話であり

相手としては嫌でも特殊召喚せざるを得ないケースも多いでしょう。

 

 

①の効果はスターダスト・チャージ・ウォリアーを、

②の効果はスターダスト・ウォリアーをそれぞれ協力にサポートしてくれます。

理想はどちらのシンクロ召喚も狙えるデッキで両方の効果を狙う事ですが

どちらか片方を活かすだけでも十分に採用する価値はあるでしょう。

特にスターダスト・チャージ・ウォリアーは汎用のレベル6シンクロであり

レベル6シンクロを積極的に狙えるデッキであれば採用してもいいと思います。

関連記事

切れぎみ隊長:遊戯王カード考察

隊長おこなの?   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカー

記事を読む

魔界劇団カーテン・ライザー:遊戯王カード考察  新マスタールールに早速対応とか沢渡さんさすがっすよ!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

アーティファクト-ミョルニル:遊戯王カード考察 純構築向けのカード、制約とどう向き合うか

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

アカシック・マジシャン:遊戯王カード考察  バウンスにデッキトップサーチにと結構使いどころが多いです

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

遊戯王カード考察:失楽園(しつらくえん)

三幻魔の皆さん、ついにあのカードが登場です   今回紹介するのは20th AN

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:マジェスティックP(ペガサス)、マジェスペクター・フォックス

マジェスペクター、早速大会で成績残したみたいですね。 サーチ能力に関しては圧倒的な性能を持つテ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)シェイブー・メラン

今回紹介するのはハイスピードライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kozmo(コズモ)

EXTRA PACK 2016に収録されるテーマの中でも 特に海外の環境で活躍しているテーマと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:LAN(ラン)フォリンクス 効果なし!その代わり素材指定も一切なし!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,809,724 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑