牛頭鬼(ごずき):遊戯王カード考察

馬頭鬼の相方、満を持してOCG化!

 

今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よりこのカードです。

 

 

 

牛頭鬼
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
「牛頭鬼」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

レベル4、地属性のアンデット族です。

漫画版GXにおいて三沢大地の使用していたカードであり

その効果で酒呑童子を墓地へ送りました。

漫画では妖怪族という独自の種族でしたが

他の妖怪族同様にOCG化の際にアンデット族へ変更されています。

 

大きな木槌を片手に持つ筋肉モリモリマッチョメンな黒毛和牛です。

牛頭鬼とはその名の通り牛の頭を持つ怪物であり

地獄で亡者達を責める獄卒の中でもかなりポピュラーな存在です。

地獄を題材とする作品では馬頭鬼と一緒に大抵いるんじゃないでしょうか。

基本的には馬頭鬼とセットであり2人合わせて牛頭馬頭(ごずめず)です。

相方の馬頭鬼が出てから実に約9年経ってからのOCG化です。

 

 

①の効果は1ターンに1度、メインフェイズ時に

デッキからアンデット族1体を墓地へ送る墓地肥やし効果です。

墓地依存度の高いアンデット族にとって

新しい墓地肥やし手段として大いに貢献してくれるでしょう。

相方の馬頭鬼との相性もバッチリでこちらの効果で馬頭鬼を落とせば

墓地の馬頭鬼を除外して

同じようにデッキからアンデット族を墓地へ落せるユニゾンビと比較すると

チューナーである点や悪夢再びに対応している点はユニゾンビが優秀ですが

効果を発動してもアンデット族以外でも攻撃可能な点がメリットであり

アンデット族以外のモンスターも併用しやすくなっています。

特にアンデット族以外のランク4を使いたい場合この差は効いてきます。

 

 

②の効果はこのカードが墓地へ送られた場合に

自身と同名カード以外のアンデット族1体を除外する事で

手札からアンデット族1体を特殊召喚できるというものです。

発動条件が「墓地へ送られた場合」と非常に緩く、

デッキからでもエクシーズ素材からでも墓地へ送られれば発動可能です。

効果の発動には墓地のアンデット族を除外する必要がありますが

不知火であれば逆にこれを効果発動のトリガーとして利用可能です。

 

 

正直①の効果だけでも十分すぎるほど優秀です

同じく墓地肥やし効果を持つユニゾンビがアンデット族に必須級であるように

このカードもまたアンデット族にとって必須級の性能を秘めています。

チューナーが必要な場合以外ではユニゾンビよりも使いやすい点もあり

そもそも両方とも採用しても何も問題はないでしょう。

それに加え不知火であれば②の効果も有効活用しやすく

不知火をはじめとするアンデット族にとって非常に嬉しい1枚となっています。

関連記事

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー:遊戯王カード考察  相手の妨害に専念する?それとも積極的に攻撃力上げる?

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:一騎加勢

クラッシュ・オブ・リベリオンの発売から結構時間も経っているので、 そろそろ新カードとは言えない

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

旋風機(せんぷうき)ストリボーグ:遊戯王カード考察  リリース素材を手札に戻す新時代のアドバンス召喚!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

動画紹介:この遊戯王のデュエルはギャンブルである

まだ考察しかしていませんでしたが、 このサイトは動画紹介のサイトでもあるので動画も紹介していきます

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:冥帝エレボス

今回紹介するのは真帝王降臨よりこのカードです。     &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の武士(もののふ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第90話『革命の狼煙』感想

遊戯王ARC-V90話の感想です。 零羅のピンチに「君こそが主人公だろう」とばかりに駆けつけた

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,455 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑