牛頭鬼(ごずき):遊戯王カード考察

馬頭鬼の相方、満を持してOCG化!

 

今回紹介するのはPREMIUM PACK 19よりこのカードです。

 

 

 

牛頭鬼
効果モンスター
星4/地属性/アンデット族/攻1700/守 800
「牛頭鬼」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。
②:このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。
手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

レベル4、地属性のアンデット族です。

漫画版GXにおいて三沢大地の使用していたカードであり

その効果で酒呑童子を墓地へ送りました。

漫画では妖怪族という独自の種族でしたが

他の妖怪族同様にOCG化の際にアンデット族へ変更されています。

 

大きな木槌を片手に持つ筋肉モリモリマッチョメンな黒毛和牛です。

牛頭鬼とはその名の通り牛の頭を持つ怪物であり

地獄で亡者達を責める獄卒の中でもかなりポピュラーな存在です。

地獄を題材とする作品では馬頭鬼と一緒に大抵いるんじゃないでしょうか。

基本的には馬頭鬼とセットであり2人合わせて牛頭馬頭(ごずめず)です。

相方の馬頭鬼が出てから実に約9年経ってからのOCG化です。

 

 

①の効果は1ターンに1度、メインフェイズ時に

デッキからアンデット族1体を墓地へ送る墓地肥やし効果です。

墓地依存度の高いアンデット族にとって

新しい墓地肥やし手段として大いに貢献してくれるでしょう。

相方の馬頭鬼との相性もバッチリでこちらの効果で馬頭鬼を落とせば

墓地の馬頭鬼を除外して

同じようにデッキからアンデット族を墓地へ落せるユニゾンビと比較すると

チューナーである点や悪夢再びに対応している点はユニゾンビが優秀ですが

効果を発動してもアンデット族以外でも攻撃可能な点がメリットであり

アンデット族以外のモンスターも併用しやすくなっています。

特にアンデット族以外のランク4を使いたい場合この差は効いてきます。

 

 

②の効果はこのカードが墓地へ送られた場合に

自身と同名カード以外のアンデット族1体を除外する事で

手札からアンデット族1体を特殊召喚できるというものです。

発動条件が「墓地へ送られた場合」と非常に緩く、

デッキからでもエクシーズ素材からでも墓地へ送られれば発動可能です。

効果の発動には墓地のアンデット族を除外する必要がありますが

不知火であれば逆にこれを効果発動のトリガーとして利用可能です。

 

 

正直①の効果だけでも十分すぎるほど優秀です

同じく墓地肥やし効果を持つユニゾンビがアンデット族に必須級であるように

このカードもまたアンデット族にとって必須級の性能を秘めています。

チューナーが必要な場合以外ではユニゾンビよりも使いやすい点もあり

そもそも両方とも採用しても何も問題はないでしょう。

それに加え不知火であれば②の効果も有効活用しやすく

不知火をはじめとするアンデット族にとって非常に嬉しい1枚となっています。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王アークファイブ第61話『ドローを捨てた男』感想

遊戯王ARC-V61話の感想です。 榊遊矢VS徳松長次郎のデュエルが開始されました。 強

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ローブ

デッキからブラマジを出せる新たな手段!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト

とうとうディメンション・オブ・カオスのパッケージを堂々と飾るカードが判明しました。 今回紹介す

記事を読む

No.(ナンバーズ)68 魔天牢(まてんろう)サンダルフォン:遊戯王カード考察  モンスターを墓地に幽閉してしまえ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:花札衛(カーディアン) “閃光の決闘者編”

デュエルとはすなわち人生なり 人生は一度きり 勝つ日もあれば 負ける日もある 負けを恥じず 勝

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラディッシュ・ホース

脳筋型エンタメイトのダークホース!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サモン・ゲート

あ、やっぱり禁止カード行きってそういう扱いなんですね   今回紹介するのはイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使し

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,305,688 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑