遊戯王カード考察:黒牙の魔術師(こくがのまじゅつし)

相手の攻撃力を下げつつ墓地のカードを蘇生!しかもスケール8!

 

今回紹介するのはペンデュラム・エボリューションよりこのカードです。

 

 

 

黒牙の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1700/守 800
【Pスケール:青8/赤8】
①:1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカードはルール上「エクシーズ・ドラゴン」カードとしても扱う。
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

魔術師の新しい仲間となるレベル4ペンデュラムです。

 

%e9%bb%92%e7%89%99%e3%81%ae%e9%ad%94%e8%a1%93%e5%b8%ab

筋肉モリモリのマッチョマンです

ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンを擬人化させたような姿であり

ダークリベリオンに宿っていた魂か何かだと思われます。

魔術師としてはやたらと鍛え上げられた肉体をしており

ダークリベリオンの牙を模したような杖も

なんか普通に物理攻撃に使えそうな形状をしています。

このカード以外にも虹彩の魔術師、白翼の魔術師、紫毒の魔術師と

召喚法を冠する竜を擬人化させたような魔術師が登場していますが

このカードは攻撃力1700と4人の中では最高打点を誇っており

やはりこの筋肉を活かした肉弾戦が得意な様子です。

 

 

ペンデュラム効果は1ターンに1度、

相手の場のモンスター1体の攻撃力をそのターンの間半分にし

その後でこのカードを破壊するというものです。

ダークリベリオンの攻撃力吸収効果を一部受け継いだような効果であり

戦闘補助としては大いに役立ってくれます。

また効果発動後の自壊はペンデュラム・エボリューションで追加された

4体の魔術師ペンデュラム共通の仕様であり

星刻の魔術師がフィールドにいる事で自壊を回避しつつ

墓地肥やしができるようにデザインされています。

とはいえこのカードが破壊された場合にモンスター効果に繋げる事が可能であり

自壊を回避できる場合でもあえて自壊させるのも選択肢の1つです。

 

 

モンスター効果はこのカードが戦闘、効果で破壊された場合に

自分の墓地から闇属性魔法使い族1体を蘇生するというものです。

【魔術師】には多くの闇属性魔法使い族が存在しますが

同時にほとんどのモンスターがペンデュラムモンスターとなる為、

エクシーズ素材として墓地に送ったり星刻の魔術師の効果で

デッキから墓地に送ったモンスターを蘇生させるのが基本となるでしょう。

自身のペンデュラム効果を使えば自分から積極的に発動を狙う事も可能であり

魔術師以外にも闇属性魔法使い族であれば蘇生させる事が可能である為、

ブラック・マジシャンやシャドールでも有効活用ができるでしょう。

 

 

相当にハイスペックなペンデュラムモンスターです

まずスケールが8と高くデメリットも一切ありません。

デメリットの無いスケール8を持つレベル4のペンデュラムモンスターは

一緒に登場する虹彩の魔術師と合わせて初めてとなります。

レベル4が中心のデッキでスケール8が欲しいと思っていた人には

まさに朗報と言えるカードでしょう。

それでいてペンデュラム効果も非常に優秀です。

1枚で相手モンスターの攻撃力を下げつつ蘇生まで行えるという代物で

自身のペンデュラム効果で自壊させる他、戦闘で破壊されても発動ができる為

ペンデュラム召喚で壁として出すのも非常に有効です。

デメリット無しのスケール8でここまで優秀な効果を持つカードはそうはありません。

闇属性の魔法使い族をメインに活用するデッキであるならば

例えペンデュラム召喚を狙わなくとも採用する価値があるでしょう。

他のレベル4魔術師と合わせて星刻の魔術師のエクシーズ素材にできる他、

攻撃力を下げる効果からNo.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロとも好相性です。

 

 

今回登場した4人のレベル4魔術師の中でも特にイチオシの1枚です。

高いスケールと優秀なペンデュラム効果、モンスター効果を合わせ持っており

スケール要因として活用してもよし、壁にしてもよし

2つの効果を持つ魔法カードと割り切って運用してもよしという

【魔術師】のみならず様々なデッキで活躍が期待できるカードです。

 

%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%97

関連記事

V-LAN(ブイラン) ヒドラ:遊戯王カード考察 不用意にこっち側にマーカー向けてる奴にLAN直結!

6月21日にVジャンプ8月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

覇王紫竜(はおうしりゅう)オッドアイズ・ヴェノム・ドラゴン:遊戯王カード考察

覇王シリーズはまだ終わらない!   5月13日にコレクターズパック2017が発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:解放のアリアドネ

ブレイカーズ・オブ・シャドウのカードの情報、一気に来ましたね。 今回紹介するのはこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:サイバー・エンジェル-那沙帝弥(ナーサテイヤ)-

墓地にさえいけば蘇生しつつコントロール奪取!   今回紹介するのはレイジング・

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:マジシャン・ガール ” ムービーパック他”

ブラック・マジシャン・ガール     すいませんこの人

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ゲンバ:遊戯王カード考察 回収効果持ちチューナー、影武者とは一長一短

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ファジー・レイニアス

クラッシュ・オブ・リベリオンが発売されましたね。 皆さんが特に注目しているカードは何でしょうか

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイア・アウェイク いやデッキから直接高レベル特殊召喚って強くない?

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,408,252 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑