遊戯王カード考察:真竜皇V.F.D.(しんりゅうおう ザ・ビースト)

相手モンスターの効果を無効にしつつコストに!

 

今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

 

 

 

真竜皇V.F.D.
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、
このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを
相手フィールドからも選ぶ事ができる。

 

 

真竜のランク9闇属性エクシーズモンスターです。

アグニマズドV、バハルストスF、リトスアジムDのそれぞれの真竜が持つ

V、F、Dというアルファベットをそのまま繋げた名前となっており

恐らくはこの3体の真竜が合体した姿なのではないでしょうか。

VFDとは恐らく「神の子の代理」を意味するVicarius Filii Dei の略と思われます。

「V.F.D.」と書いて「ザ・ビースト」と呼ばせていますが

これは獣の数字(ナンバー・ザ・ビースト)からきていると思われます。

 

 

①の効果は1ターンに1度、

オーバーレイユニットを1つ取り除く事で属性を1つ宣言、

そのターンの間フィールドの全ての表側表示モンスターは宣言した属性になり

さらに宣言した属性の相手モンスターは効果の発動と攻撃を封じられます。

これをフリーチェーンで発動可能です。

実質的に相手モンスターの効果と攻撃をフリーチェーンで無効に出来る為

相手ターンに発動できれば強力な妨害効果として機能します。

また属性を変更する点も相手モンスターのみを素材に

超融合でスターヴ・ヴェノムを出したい場合などにも使えます。

また属性の変更はフィールドに存在するモンスターのみですが

宣言した属性の効果発動を封じるのは手札や墓地にも有効であり

相手が属性を統一しているデッキであればより高い効果を発揮できます。

 

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間、

真竜が持つモンスター2体を破壊して手札から特殊召喚する効果を

相手の場のモンスターも破壊の対象にしてもいいというものです。

真竜版の帝王の烈旋とも言うべき効果であり

特殊召喚に必要なコストを相手にまるまる負担させる事が可能であり

相手が破壊耐性持ちでなければ相手の場を根絶やしにしつつ

こちらは好き勝手に展開しまくるという事も十分に狙えます。

①の効果ともシナジーしており相手のカードを好きな属性に変更しつつ

それを破壊する事で特定の属性2体を破壊した時の効果も狙えます。

 

 

相手ターンに効果を発動すれば強力な妨害として機能し

自分ターンに使えば強力なアドバンテージを得られるという

攻防一体の強力なカードです。

両方のターンで使っているとオーバーレイユニットの消費が激しい為、

長く使いたい場合に3体以上でエクシーズ召喚する意味が出てきます。

また素材を指定していない汎用のランク9エクシーズであり

①の効果だけでも十分に強力な為、

ランク9のエクシーズ召喚が狙えるデッキであれば採用する価値はあります。

特にランク9は相手ターンに干渉できるカードに乏しかった為、

こういったカードの登場を待ち望んでいた人も多いと思います。

闇属性なのでRUM-幻影騎士団ラウンチから出す事も可能です。

No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー

もしくはラストストリクスでサテライトキャノンファルコンを出してから

幻影騎士団ラウンチに繋げるといいでしょう。

 

 

今まで真竜は「調整版した征竜みたいなカードかな?」という認識でしたが

中々に調整版の一言では終わらないテーマになってきそうです。

 

%e3%82%b6%e3%83%bb%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第24話『ダークマスクが背負う宿命』感想

遊戯王ヴレインズ24話の感想です。 ドクター・ゲノムの操る地獄螺旋鬼の猛攻に苦しめられるGo鬼

記事を読む

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン、幻影騎士団トゥーム・シールド

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・プレデター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:龍大神(りゅうおおかみ)

相手によってはただのボーナス、相手によっては悪夢そのもの   今回紹介するのは

記事を読む

調星(ちょうせい)のドラッグスター:遊戯王カード考察  レベル1チューナーとして普通に優秀

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

直通断線(シャットライン)、導爆線(どうばくせん):遊戯王カード考察  よりカードの位置に気を付ける環境に

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)51 怪腕のフィニッシュ・ホールド

ドッゴラァァァァ!!!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)24 竜血鬼(りゅうけつき)ドラギュラス

ランク6の新しいエース候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,412,000 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑