遊戯王OCGカード考察:天地開闢(てんちかいびゃく)

戦士族の新しい墓地肥やし手段!

 

今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです。

 

 

 

天地開闢
通常罠
「天地開闢」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスター1体以上を含む戦士族モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中からランダムに1体選ぶ。
それが「カオス・ソルジャー」モンスターまたは
「暗黒騎士ガイア」モンスターだった場合、
そのモンスターを自分の手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。
違った場合、相手に見せたカードを全て墓地へ送る。

 

 

カオス・ソルジャー及び暗黒騎士ガイアサポート用の通常罠です。

 

%e5%a4%a9%e5%9c%b0%e9%96%8b%e9%97%a2

 

天地開闢とは元々1つであった天と地が2つに分離する事であり

中国神話や日本神話における世界の始まりを意味します。

遊戯王においてはZEXALの1番最初のOP曲である

「マスターピース」に天地開闢という言葉が使われている他、

FNo.0 未来皇ホープの召喚口上にも使われています。

イラストでは銀河をバックに混沌の使者が何かしています。

カード名から判断するとまさに世界を創造している所なんでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、カオス・ソルジャーと名のつくモンスターか

暗黒騎士ガイアと名のつくモンスターが1枚以上含まれた戦士族を

合計3枚デッキから選択しランダムに相手に選ばせます。

選んだカードがカオス・ソルジャー系か暗黒騎士ガイア系だった場合は手札に

それ以外のカードだった場合と選ばれなかったカードは全て墓地に送ります。

戦士族モンスター版の聖騎士ボールスとも言えるような効果であり

不確定ではありますがカオス・ソルジャーや暗黒騎士ガイアのサーチと

戦士族の墓地肥やしを一挙に担う効果となっています。

上手くいけば開闢の使者をサーチしつつ墓地コストを賄う事も可能であり

開闢の使者が選ばれなかった場合でも戦士の生還があれば

墓地から回収して同じように利用する事が可能です。

また覚醒の暗黒騎士ガイアは墓地から儀式召喚の為のコストになれる為、

最初から墓地に送られる事を目的に選択するのも1つの手です。

仮に選ばれて手札に来ても同様に儀式召喚の為のコストになれる上に

リリースされた時の効果も発動できる為どちらに転んでも美味しいです。

 

 

カオス・ソルジャーか暗黒騎士ガイア以外の戦士族は確定で墓地へ送られる為、

「好きな戦士族2体を一度に墓地に送るカード」

としても利用できます。むしろこちらが本命と言ってもいいでしょう。

不死武士やH・Cサウザンド・ブレード、幻影騎士団にD-HEROなど

墓地に送る事がメリットとなるカードを多く採用しているデッキであれば

非常に優秀な墓地肥やし手段として機能してくれます。

発動にはカオス・ソルジャーや暗黒騎士ガイアを1体以上選択する必要があり

その為デッキに上記のモンスターを採用する必要がありますが

強力な効果を持つカオス・ソルジャー -開闢の使者-や

手札から特殊召喚しやすい暗黒騎士ガイアロードあたりは

【カオス・ソルジャー】以外のデッキであっても採用しやすく

墓地肥やしが重要となるデッキでは上記のカードと共に

天地開闢を採用するメリットは充分にあります。

 

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%94%e3%83%bc%e3%82%b9

関連記事

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜穴の魔術師

続々と新カードの情報がやってきて興奮が収まりきらないユリポエです。 1枚ずつの考察になるので多

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:輝望道(シャイニング・ホープ・ロード)

手札1枚でホープゼアル!     今回紹介するのはPREMIU

記事を読む

牛頭鬼(ごずき):遊戯王カード考察

馬頭鬼の相方、満を持してOCG化!   今回紹介するのはPREMIUM PAC

記事を読む

素早いビーバー:遊戯王カード考察 召喚するだけでランク2が、属性と種族も都合よし

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:肥大化

コンボ用だけど単体でも結構使える   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

DDD烈火大王(れっかだいおう) エグゼクティブ・テムジン:遊戯王カード考察

テムジン君幹部待遇だよ!やったね!   今回紹介するのは2月21日に発売される

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)

9月24日にストラクチャーデッキ-機械の叛乱-のリメイクとなる ストラクチャーデッキR-機械竜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

燃え竹光(もえたけみつ):遊戯王カード考察 これから毎ターンメインフェイズ1スキップしようぜ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,473,435 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑