遊戯王OCG新カード考察:魔装邪龍 イーサルウェポン

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG

巷ではクラウンブレードが猛威を振るってる頃でしょうか?

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。

 

 

魔装邪龍 イーサルウェポン
ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2300/守1600
【Pスケール:青4/赤4】
①:1ターンに1度、自分の墓地の「魔装戦士」モンスター1体を除外し、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

 

 

このカードと「召魔装着」のおかげで「魔装戦士」がテーマとして確立できるようになりました。

ただ、召魔装着でサーチが可能なものの、コストがほぼ共有のものとなってしまう為、

あまり相性はよくないかもしれません。

両方採用する場合、どちらに墓地コストを使わせるかよく考えましょう。

 

 

ペンデュラム効果は魔装戦士を墓地コストとして除外し、

フィールドのカードを1枚破壊できる効果です。

ペンデュラム効果としては破格の効果であり、単純な永続魔法として見ても非常に強力です。

その分ペンデュラムスケールは4と使いにくいスケールとなっています。

魔装邪龍 イーサルウェポン自信を特殊召喚したい場合はスケール7,8あたりの

ペンデュラムスケールを持つカードを採用するといいでしょう。

ペンデュラム召喚を狙わずに純粋な永続魔法として採用するのも大いにアリです。

コストとなる魔装戦士は単体では控えめといえる性能のカードが多いものの、

魔装戦士アルニスを初め、アドバンテージを確保できるカードもあります。

このカードと組み合わせてアドバンテージを確保していきましょう。

魔装戦士の救済とも言える効果を持っているので、

魔装戦士を使うデッキならば是非採用したいカードといえます。

 

モンスター効果は召喚・特殊召喚に成功した時に、モンスター1体を除外できます。

攻撃力も含めると邪帝ガイウスのやや劣化ともいえる性能ですが、

こちらはアドバンス召喚だけでなく特殊召喚にも対応しているのが特徴です。

ペンデュラム召喚に成功するたびにモンスター1体を除外できるのは、

相手からすればたまったものではないでしょう。

こちらもレベル6のペンデュラム召喚を狙えるデッキであれば、

是非採用したいカードと言えるでしょう。

 

ペンデュラム効果、モンスター効果共にとても優秀な性能をしていますが、

両方の効果を使おうとすると上手くいかない事が多いと思われます。

ペンデュラム効果をメインに使っていくか、

それともモンスター効果をメインに狙っていくかをよく考え、

それぞれに合わせたデッキ構築をするのがスムーズに運用するコツだと考えます。

 

 

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ペンデュラム・アライズ

モンスター効果をメインに運用する時に有効なカードです。

実質的な魔装邪龍 イーサルウェポンのサーチ手段となります。

デッキから直接特殊召喚する時に除外効果を使用でき、

またエンドフェイズ時に破壊されるデメリットも、

ペンデュラム召喚から再度除外効果を狙いやすくなります。

問題はコストにするモンスターの確保となります。

使いやすいのは手札から特殊召喚可能なドドドバスター等でしょうか。

効果を使い終わった帝をコストにしてしまうのも手です。

 

 

バーストブレス

魔装邪龍 イーサルウェポンのペンデュラム召喚を狙えるのであれば有効なカードです。

守備力2300以下のモンスターを破壊できるフリーチェーンのカードとなり、

ペンデュラム召喚で再利用できる魔装邪龍 イーサルウェポンと相性がいいです。

また除外やデッキバウンスを狙われた際のリリースエスケープにも使えます。

自分のモンスターも破壊してしまいますがこれはペンデュラム召喚時に、

奈落の落とし穴を撃たれた場合でも、まとめて除外から身を守る事が可能です。

関連記事

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天空の虹彩

マスター・オブ・ペンデュラムより今回はこのカードの紹介です。    

記事を読む

【剛鬼(ごうき)】:遊戯王テーマ考察  プロレスらしい脳筋テーマだ!相手の攻撃力を下げて物理で殴れ!

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)に登場するカリスマデュエリスト、鬼塚豪。 恐らくアークファイブ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:DD魔導賢者ニュートン

12月12日にストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-が発売されます。 赤馬零児を

記事を読む

ペンデュラム・スイッチ/Pendulum Switch:遊戯王カード考察  Pゾーンとモンスターゾーンを反復横跳び

今回紹介するのはEXTRA PACK 2017よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-ドラゴンバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第75話『反逆者の呪縛』感想

遊戯王ARC-V75話の感想です。 次回から新しいOPとEDになる為今回のOPはこれで見納めと

記事を読む

遊戯王カード考察:ファーニマル・オクト

墓地アドバンテージと手札アドバンテージを両方キープ   今回紹介するのはフュー

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

遊戯王OCG、2018年1月の制限改定判明!あのカードが無制限になる時代

2018年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 リンク

→もっと見る

    • 4,873,408 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑