遊戯王OCGカード考察:煉獄の騎士(テラナイト) ヴァトライムス

プトレマイオス闇堕ちしました

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

煉獄の騎士 ヴァトライムス
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/戦士族/攻2600/守 550
レベル4「テラナイト」モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの全ての表側表示モンスターは闇属性になる。
②:このカードのX素材を1つ取り除き、手札を1枚捨てて発動できる。
光属性の「テラナイト」Xモンスター1体を、
自分フィールドのこのカードの上に重ねて
X召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターをX召喚できない。
自分の墓地に「テラナイト」モンスターが7種類以上存在する場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。

 

 

 

新たなるテラナイトのランク4エクシーズです。

 

煉獄の騎士 ヴァトライムス

星守の騎士 プトレマイオスとエルシャドール・ネフィリムが悪魔合体し

さらにインフェルノイド・ティエラまで混ざったような禍々しい姿です。

禁止カードが2つ組み合わさった非常に豪華なモンスターです。

ヴァトライムスとはプトレマイオスのアラビア語での呼び方であり

星守の騎士と同じテラナイトというルビで煉獄の騎士と名付けられています。

恐らくはプトレマイオスが闇堕ちしてしまった姿なのでしょう。

端末世界のストーリーはまだまだ続くようです。ストーリー本はよ!

 

 

ランク4のエクシーズモンスターであり攻撃力と守備力が

星守の騎士 プトレマイオスと正反対になっており

また属性も光属性から闇属性へと正反対になっています。

丁度希望皇ホープと絶望皇ホープレスと似たような関係ですね。

エクシーズ素材にはレベル4のテラナイト2体を要求している為、

基本的には【テラナイト】での活用が前提となるでしょう。

 

 

①の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間、

フィールドの表側表示モンスター全ての属性を闇属性に変更するというものです。

相手が属性依存のカードを使う場合それを妨害する事が出来ますが

自分のモンスターにも影響を与える為、オネストなど

テラナイト用に光属性サポートを採用している場合には注意が必要です。

 

 

②の効果はオーバーレイユニットを1つ消費、かつ手札を1枚捨てる事で

光属性(つまり同名カード以外の)テラナイトエクシーズを

このカードの上に重ねてエクシーズ召喚する事が出来るというものです。

ただしこの効果を発動した後、ターン終了時まで

エクシーズ召喚ができなくなる制約が発生します。

手札消費しますが他のテラナイトが禁止カードになったこいつの闇堕ち前を除いて

素材を3体要求する中このカードは素材2体でエクシーズ召喚可能な為、

実質的にエクシーズ召喚の為にフィールドに揃える素材を1体減らせます。

また墓地にテラナイトが7種類以上いる場合

この効果をフリーチェーンで発動可能になります。

これは特にトライヴェールの①の効果を使う場合に真価を発揮し、

相手ターンにバウンスする事で相手の展開を強力に妨害する事ができます。

その条件となる墓地のテラナイト7種類ですが

このカードの素材とこのカード自身でまず3体分、

さらにこの効果でエクシーズチェンジしたテラナイトで4体分確保できます。

あとどこかで3体分調達すれば条件を満たす事が可能であり

墓地肥やしを意識すれば十分に狙っていく事が出来るでしょう。

 

 

 

フィールドのモンスター全てを闇属性に変えられる為、

星輝士 セイクリッド・ダイヤの②の効果で

相手フィールドのモンスター全ての効果を無効にして破壊できる他

超融合でスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンを融合召喚する場合

相手モンスター2体を素材にしてしまう事が可能になります。

また自分のモンスターを闇属性に出来る点はRUM-幻影騎士団を使う時に

全てのエクシーズモンスターを対象にできる点で活きて来ます。

特にテラナイトであればアルタイルの効果でテラナイトエクシーズを蘇生でき

そこから幻影騎士団ラウンチでランク5やランク6のエクシーズに繋げられます。

あとおまけでマハードさんが全ての相手に本領発揮可能です。

テラナイトであればヴァトライムスを出す事は簡単であり

このカードを主軸にしたデッキ構成をしてみるのも面白いでしょう。

 

 

あまりに強すぎて禁止になったプトレマイオスを調整したようなカードですが

闇属性にする効果などヴァトライムスならではの強みもしっかりあります。

現在素材2体で出せる唯一のテラナイトエクシーズである事もあり

2600という攻撃力からアタッカーとしても十分活用していけます。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:ヒドゥン・ショット

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

牛頭鬼(ごずき):遊戯王カード考察

馬頭鬼の相方、満を持してOCG化!   今回紹介するのはPREMIUM PAC

記事を読む

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

覇王門無限(はおうもんインフィニティ):遊戯王カード考察

制約そんなもんでいいの?   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカ

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その2

前回に引き続き「禁止カード達をどうエラッタすれば復帰しても大丈夫になるか?」 というのに個人的

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)ダーク・ガントレット

シャドーベイルより発動条件は厳しい、だが・・・   今回紹介するのは久しぶりに

記事を読む

アストログラフ・マジシャン、クロノグラフ・マジシャン:遊戯王カード考察

何気に汎用性がかなり高い!   今回紹介するのはペンデュラム・エボリューション

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン

「マスター・オブ・ペンデュラム」の新カードの情報が出ました。 早速考察していきたいと思います。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    プトレマイオスが闇落ちって言うよりはプトレマイオスと対になる存在って感じがするけどね~
    ソンブレスとケルキオンの関係みたいな
    つまりこの見た目と名前で実は味方側という説を支持する
    プトレとこれが映った星邪の神喰のようなカードが出ると予想

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,205,909 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑