遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン

 

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。

 

 

 

真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン
デュアル・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守 400
①:このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
②:フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外の自分フィールドの「レッドアイズ」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。

 

 

 

流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン
融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
②:このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

メテオ・ドラゴンと真紅眼の黒竜との融合体であある

メテオ・ブラック・ドラゴンのリメイクモンスターが登場しました。

 

真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

どちらも元となったカードよりかなりスマートなデザインとなっています。

どちらのカードも降り注ぐ隕石とともに描かれており

大気圏外から地上へ向けて突っ込んでくる様子を描いているのでしょう。

 

 

真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴンはデュアルモンスターであり

①の効果と再度召喚で効果モンスターになる効果はデュアル共通のものとなっています。

②の効果は再度召喚して効果モンスターになった時に得られる効果であり

このカードがモンスターゾーンに存在する間、

自身を除く自分の場のレッドアイズモンスターに戦闘、効果破壊耐性を付与するというものです。

 

他のレッドアイズをブラック・ホール等の破壊から守る事が可能ですが

自身を守る事が出来ないというのが相当に痛く、攻撃力も1800と低い為

同じレベル6のレッドアイズデュアルである真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモンと比較すると

どうしても使い辛さが目立ってしまうでしょう。

ただしこちらはドラゴン族である為他のレッドアイズと各種ドラゴン族サポートを共有でき、

流星竜メテオ・ブラック・ドラゴンの融合素材になれるといった利点が存在します。

 

 

 

流星竜メテオ・ブラック・ドラゴンはレベル8の融合モンスターであり

レベル7のレッドアイズとレベル6のドラゴン族を融合素材に指定します。

レッドアイズの融合モンスターの中でも特に素材縛りが緩く、

前述の真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴンをデッキに採用していれば

レッドアイズカテゴリのモンスターのみで真紅眼融合で融合召喚が可能です。

それ以外にもレベル6のドラゴン族であれば真紅眼融合で墓地に送れる為、

レベル6の聖刻やラブラドライドラゴン、ライトパルサー・ドラゴン等を

レッドアイズに混ぜてみるのも面白いでしょう。

 

①の効果はこのカードの融合召喚に成功した時に

手札かデッキからレッドアイズモンスター1体を墓地に送る事で

墓地へ送ったレッドアイズの攻撃力の半分、相手の効果ダメージを与えるものです。

デッキからレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンを墓地に送りつつ

1400のバーンダメージを与える事が可能です。

レダメではなく普通のレッドアイズであっても1200のバーンを与えられある為、

実質カード1枚で墓地肥やしをしながら与えられるダメージとしては中々優秀です。

 

②の効果はこのカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に

墓地から通常モンスター1体を蘇生させるというものです。

レッドアイズは真紅眼の黒竜以外にもデュアルモンスターが複数存在する為、

蘇生対象に困る事はあまりないでしょう。

モンスターゾーンから墓地へ送られさえすれば破壊でなくても蘇生が可能な為、

リリース要因にしたりシンクロ素材にしてしまうのも1つの手です。

 

 

リメイク元同様元々の攻撃力が3500ありアタッカーとしても十分に優秀であり

レッドアイズの中でも黒炎弾との相性が非常に高いカードです。

真紅眼融合で融合召喚すれば黒炎弾で3500ものバーンダメージを与えられ、

①の効果でレダメを墓地に送る事で合計で4900ものバーンダメージを与えられます。

手札に真紅眼融合と黒炎弾2枚があればそれで1キルが成立します。

真紅眼融合で出した流星竜メテオ・ブラック・ドラゴンでレダメを墓地に送り、

その後黒炎弾を使えばそれで合計8400ダメージです。レダメ以外でも8200ダメージです。

手札3枚で1ターンキルが狙える為、上手くデッキを回すことが出来れば

先行1ターン目で決着をつけられるケースもあるでしょう。

そうでなくても大ダメージを狙っていける為、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴンを使うなら

是非とも黒炎弾を生かしていきたい所です。

 

 

可能性をもたらす竜はまだまだ可能性に満ち溢れています。

城之内2

関連記事

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)スカイ・マジシャン

第1話から姿を見せていた存在がついにOCG化   今回紹介するのはマキシマム・

記事を読む

遊戯王カード考察:妖神-不知火(あやかしがみ しらぬい) 割と汎用レベル7シンクロとしても使える

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:彼岸の巡礼者 ダンテ 旅人の結彼岸(けつひがん)

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

2015年度、遊戯王OCG検定テスト終了、自分が躓いた問題に関して

5月15日から25日の間、遊戯王OCG検定テストが実施されていました。 これに合格した人には遊

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マジシャンズ・ナビゲート、イリュージョン・マジック

手札のブラマジを有効利用!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・ベリアル

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ペイン・レイニアス、RR-アベンジ・ヴァルチャー

「この痛みだ・・・この痛みこそが俺を本気にさせる!」   今回紹介するのはシャ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第38話『ハノイの追想』感想

遊戯王ヴレインズ38話の感想です。 前回のあらすじ:お兄様とスペクター消滅 &n

記事を読む

遊戯王カード考察:PSY(サイ)フレームロード・Λ(ラムダ) モンスターがいたら発動できないなんてもはや過去

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:妖精伝姫(フェアリーテイル)-シラユキ

あまりにも豪快な蘇生条件!     今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,952,208 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑