遊戯王OCGカード考察:スクランブル・ユニオン

上手くモンスターを除外しろ!

 

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-海馬瀬人-よりこのカードです。

 

 

 

スクランブル・ユニオン
通常罠
「スクランブル・ユニオン」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:除外されている自分の機械族・光属性の、
通常モンスターまたはユニオンモンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の機械族・光属性の、
通常モンスターまたはユニオンモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に戻す。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

 

光属性機械族のユニオン、

もしくは通常モンスターのサポートとなる通常罠です。

 

 

①の効果は除外されている自分の機械族・光属性の

通常モンスターかユニオンを3体まで特殊召喚するというものです。

いわばライフコストの無くなった限定版の異次元からの帰還であり

最大で3体ものモンスターを一気に特殊召喚可能です。

「まで」と書いてあるのでいざという時には

1体や2体の特殊召喚も可能です。

 

 

②の効果は墓地にあるこのカードを除外する事で

除外されている自分の機械族・光属性の

通常モンスターかユニオン1体を手札に回収するというものです。

ただし墓地に送られたターンには発動できず、また①の効果と合わせて

1ターンに1度しか発動ができません。

 

 

ユニオン格納庫と違いユニオンだけでなく通常モンスターも対象になっており

しっかりとX-ヘッド・キャノンにも対応しています。

どちらの効果も除外されているモンスターを必要としますが

ABC-ドラゴン・バスターやXYZ-ドラゴン・キャノンを出す過程で

素材となるモンスターを除外する為、これらのカードを特殊召喚しているなら

自然と発動条件を満たす事が可能です。

ただしXYZ-ドラゴン・キャノンはそもそも特殊召喚する事が難しく、

むしろこのカードを利用して特殊召喚に繋げる事の方が多いでしょう。

その場合いかに素材となるモンスターを除外するかが鍵となってきます。

次元の裂け目やサイバー・エルタニン、サイバー・ネットワークなどを利用して

除外ゾーンにモンスターを溜めていく事が求められるでしょう。

ただしマクロコスモスはABC-ドラゴン・バスターとの相性が悪いため

あまりオススメはできません。

十分に除外ゾーンにモンスターが存在していれば

武神姫-アマテラスのエクシーズ召喚をする事で

さらにアドバンテージを確保していく事も出来るでしょう。

 

 

ちなみに機械族・光属性の通常モンスターは現在4枚しか存在しておらず

いずれもレベル4となっています。

幸いマクロコスモスを発動した状態で苦渋の決断を発動したり

レスキューラビットからエクシーズ召喚を狙っていく事で

効率的に除外ゾーンにモンスターを溜めていく事が出来る為、

あえてユニオンではなく通常モンスターメインの構築をするのも

面白いかもしれません。

その場合はやはり武神姫-アマテラスが鍵となってくるでしょう。

 

 

モンスターを除外する必要性がありますが

このカード1枚で最大で4枚分のアドバンテージが確保できる為

間違いなく強力なカードだと言えます。

 

XYZドラゴンキャノン

関連記事

プチラノドン:遊戯王カード考察

手札からでもデッキからでも破壊されまくるある意味可哀想な子   今回紹介するの

記事を読む

遊戯王カード考察:発条補修(ぜんまいほしゅう)ゼンマイコン ゼンマイがより使いまわせるように

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

HEROの遺産(ヒーローのいさん):遊戯王カード考察

3枚ドローってお前・・・   今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マイルド・ターキー、ゴースト・ビーフ

2月11日にデュエリストフェスティバル2016でプロモーションパックが配布されました。 今回紹

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・サンクチュアリ

ついにウィジャ盤が強化される!   6月4日に初代遊戯王関連のカードが収録され

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)84 ペイン・ゲイナー

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

弾帯城壁龍(ベルトリンク・ウォール・ドラゴン):遊戯王カード考察  カウンターの増減をしっかり把握しよう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・ラッシュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,338,243 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑